京田辺市社会福祉協議会

文字サイズ

きょうたなべ 社協だより

163号 Web版

表紙

お互いさんの心と絆ではぐくむ心豊かなまち京田辺

photo

新興戸健康の集い
10月6日(土)午後1時から常磐苑大広間で、「第25回新興戸健康の集い」が開催されました。地域の役員と民生児童委員が協力し、25年間続けて、自分たちの健康維持について学びを深められています。


12月1日から歳末たすけあい募金運動が始まります。
みなさまのご協力をよろしくお願いします。

社協からのお知らせ

障害者週間啓発事業 12月3日~9日は「障害者週間」です。

障がい者福祉への関心と理解を深め、障がい者の社会参加への意欲を高めることを目的とした週間です。京田辺市では、市内で街頭啓発活動を実施するほか、綴喜二市二町(八幡市、井手町、宇治田原町、京田辺市)の障がい者団体と社協が協力し、宇治田原町で記念式典と記念公演会を開催します。また、授産製品の展示や販売もしています。みなさんのご参加をお待ちしています。

日時
平成30年12月5日(水)13:00~15:30
会場
宇治田原町総合文化センター さざんかホール
(綴喜郡宇治田原町大字岩山小字沼尻46番地の1)
内容
[記念式典]
障害者社会参加宣言など
[舞台発表]
障害福祉サービスセンターうじたわらの演舞
[記念講演]
「不思議な『ありがとう』のチカラ」 表現家 河村武明 さん
申込み
当日先着順(定員400名)

※ 京田辺市から宇治田原町へマイクロバスをご希望の方は、京田辺市社協(TEL0774-62-2222)までお申込みください。乗車定員がありますので、申込みの状況により、乗車できないことがありますので、ご了承ください。

社協の事業・計画

社協のホームヘルプセンターです

本会のホームヘルパーの活動について、前回の社協だよりで紹介しましたが、清拭や入浴・排泄などの身体介護、食事の用意や掃除・洗濯など生活援助も、常に利用者に寄り添い、心のこもったサービスの提供に努めています。

利用者宅に訪問し、お話しながら、その日の体調や様子などを普段と変わったところがないか、困っているところはないか気をつけながら、介護や家事をしています。

ホームヘルパーの派遣は、福祉のサービスです。日常生活の中で、利用者のできない生活動作を介助し、できない家事を援助しています。訪問時間中にすべての介護、家事を、ホームヘルパーが主導して行うことなく、利用者の思いに寄り添って、できることは一緒に行いましょうという形で活動しています。

本会のホームヘルパーは、「真心あるふれあいで、生き方や暮らしを応援する」をモットーに、活動に従事しています。

ホームヘルパー募集

(介護職員初任者研修修了者以上の資格要)

週1日や空いている時間2~4時間程度でも構いません。一緒に活動していただけるホームヘルパーを募集しています。詳細は、ホームヘルプセンター (電話 0774-65-3550)もしくは本会のホームページをご覧ください。

事業報告・活動報告

夏の社会福祉体験学習

京田辺市内の中学・高校生57名が市内の福祉施設で、3日間の貴重な体験をしました。

photo photo photo
河原保育所 / 三山木保育所 / 特別養護老人ホームつつきの郷

photo photo photo
常磐苑デイサービスセンター / 振り返り会 / 草内保育所

地域での福祉的活動 「健康の集い」を終えて

地域住民の健康の増進と親睦をはかることを目的とした「健康の集い」は今年で25回目を迎えました。以前は、午前中から始め、昼食をとりながら実施するほど盛大な取り組みでしたが、会員の減少や諸般の事情で現在は半日の内容で取り組んでいます。

今年度の講演は、“健生ネットワーク京都”の健康生きがいアドバイザーの方に依頼し、「笑いと健康~人生は二幕目が面白い~」をテーマに話をしていただきました。高齢化時代を楽しく生きるためには、しっかり栄養のあるものを食べる、運動する、社会参加をして人とのつながりを持つ棟をバランスよく実践することが健康長寿の秘訣であることを学びました。

元気な子供はよく笑い、作り笑いでも脳が錯覚するので“笑うこと”は健康にとても良いそうです。また、退職後は時間を自由に使えるので、その後の人生こそ楽しめるということでした。

年1回の常磐苑での「健康の集い」ですが、講師の選定では毎年苦労をしています。しかし、終わってから、「楽しかった」「面白かった」と言われると、開催してよかったなと思います。社協と連携を取りながら、今後も地域福祉活動のための取り組みを続けて いきたいと思います。

photo 新興戸自治会福祉厚生部

参加して 広めよう「第8回 介護の広場」 開催!

平成30年10月11日(木)12:30より、社会福祉センターにて開催。

11月11日の介護の日を前に、介護について学び、深めていただく機会として、介護をする人も、介護をしていない人も一緒に学び、介護について考えました。

第1部は認知症の症状と対応について学び、地域で暮らすために必要なことや当事者の方の気持ちについて考えるきっかけとなりました。

第2部は在宅での介護方法について、排泄総合研究所むつき庵より平田亮子さんをお迎えし、たくさんの紙おむつを前に、当て方の工夫や具体的な問題への対処方法の事例などお伺いすることができました。会場内に展示された介護用品にも実際に触れて、便利さについて知ることができました。

photo photo photo

介護する人も そうでない人も育てよう 支えあう 絆づくり

介護マーク”配布しています。

 

京田辺市社協ボランティアセンター活動展を開催しました

平成30年10月23日(火)~28日(日)
京田辺市立中央図書館 ギャラリーかんなび

社協に登録するボランティアグループのパネル展示やVTR等で普段の活動の様子を紹介しました。 社会福祉センターでも随時、ボランティア相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。 平成30年8月現在 ボランティアセンター登録団体49団体 準登録団体11団体

募集・案内

福祉に関する市民向け講座

~誰もが安心して暮らせるまちづくりのために~

京田辺市内の小中学校では、障がい者や高齢者理解など、京田辺市内の地域資源と協働しながら、さまざまな福祉教育が実践されています。

社協では、市民のみなさんの福祉に対する意識を高めることを目的とし、市民向けの講座を開催します。 体験型の講座も予定しています。みなさんも福祉について学んでみませんか。

平成30年
12月19日(水)
14:00~15:30 「知って欲しい車いすの生活」※車いす体験を実施します。
NPO法人ソーシャルアクションパートナーシップみかげ 栗山由生 氏
平成31年
1月17日(木)
14:00~15:30 「知ってほしい 心の病気のこと」
山城北圏域自立支援協議会 笹原順也 氏

photo

会場
京田辺市立社会福祉センター
対象
京田辺市内在住、在勤、在学の方(高校生以上)
人数
各テーマ30名(先着順)
参加費
無料
申込方法
電話またはFAXにて申込み
問合せ
京田辺市社会福祉協議会 事務局

◆ 今回予定しているテーマのほかに、「防災」をテーマとした講座を予定しています。

歳末たすけあい運動にご協力をお願いします!

歳末たすけあい募金運動期間 12月1日から12月31日まで

「つながり ささえあうみんなの地域づくり」

歳末たすけあい運動は、新たな年を迎える時期に、支援を必要とする人たちが地域で安心して暮らすことができるようさまざまな福祉活動を展開する取組みして共同募金会や社会福祉協議会が中心となり地域住民のご理解とご協力のもと展開されています。

京田辺にもあったらいいな こんな場所 「いつでもだれでも」のご案内

京田辺市立社会福祉センター1階 講習室

未就学前の子育て中の親子が気軽に集まって、話をしたり遊んだり、仲間づくりと情報交換ができる場所です。

photo

【今後の予定】

毎月第1・3水曜日 午前10時から午後3時

平成30年12月19日 ※第3水のみ
平成31年 1月16日、2月6日・20日、3月6日・20日

第2回 ふれあい交流会

地域にお住まいのみなさんと楽しいひとときを過ごしませんか

photo

日時
平成31年2月5日(火) 13:30~15:30
場所
京田辺市立中部住民センター
内容
地域のみなさんでひとときを過ごします
・ボランティアさんとの交流(炭坑節などの踊りで楽しみます)
・お茶会
参加費
無料
対象
市内在住の一人暮らしもしくは昼間お一人でお過ごしの高齢者
定員
30名
参加申し込み
平成31年1月29日(火)まで

介護者交流会のご案内

日時
平成30年11月26日(月)13:30~15:00
場所
市立社会福祉センター
内容
介護者のみなさんで、日ごろの悩みや疑問などについてお話します。
対象
市内在住の介護者
参加費
無料

ふとん丸洗いサービスのご案内

実施日
平成30年12月11日(火)、12日(水)回収
内容
在宅で常時介護が必要な、寝たきりの方等が使用するふとんを丸洗い、乾燥します。
費用
無料 ※年間2回まで (すでに2回利用されている方は利用できません)
対象
在宅でねたきり等、常時介護が必要な方で60歳以上の方
申込み方法
所定の用紙に記入の上、社会福祉協議会在宅サービス課まで
申込み締切り
12月3日(月)

京田辺市社会福祉協議会在宅サービス課 TEL(0774)68-5005  FAX (0774)65-3883

身近な相談窓口があなたの暮らしを応援します

相談は無料、秘密は厳守します。

一般相談
ふれあい相談室 月~金、9時~16時(祝日除く)電話、来所等
※来所の場合も、まず、お電話ください。
相談室直通電話
0774-62-5447
心配ごと相談 30年
12月 5日(水)、14日(金)、25日(火)
31年
1月9日(水)、15日(火)、25日(金)
2月5日(火)、15日(金)、26日(火)
13:30~16:00
お片づけ相談
※まずは、ご相談から
30年
12月5日(水)
31年
1月9日(水)、2月5日(火)
※足の踏み場もない、物が山積みで手の付けようがないなど、
家の掃除・引越し手伝い・タンスの移動ではありません。
 
専門相談
弁護士相談
(予約開始日あり)
30年
12月25日(火) 予約受付 12/3~
31年
1月25日(金) 予約受付 1/4~
2月25日(月) 予約受付 2/1~
13:30~16:00
司法書士法律相談
(随時予約制)
30年
12月14日(金)
31年
1月15日(火)、2月15日(金)
税務相談
(随時予約制)
31年
2月5日(火)
成年後見制度相談
(随時予約制)
30年
12月26日(水)
31年
1月30日(水)、2月28日(木)、3月29日(金)
司法書士による家計相談
~多重債務に陥らないために~
(随時予約制)
30年
12月26日(水)
31年
2月28日(木)
「これからのこと」相談
~福祉サービス利用援助事業~
(随時予約制)
30年
12月26日(水)
31年
1月30日(水)、2月28日(木)、3月29日(金)
10:00~12:00

上記の相談は、京田辺市立社会福祉センターで行います。

相談専用電話:0774-62―5447

ボランティア関連/ボランティアの輪

ボランティア かたづけ隊 大募集

~これからの生活と地域で笑顔で住み続けるためのお手伝いです~

○募集内容

市内の高齢者・障がい者等のお宅を訪問し、荷物の仕分けなどのお片づけをしていただける方、特別な技術や専門性の必要はありません。それぞれの出来ることを活かしていただけるボランティアです。(高校生以上)

○事前研修

基本的な心構えや、チームワークなどについて学んでいただき、研修後に登録の上、活動となります。研修日程については、応募人数に合わせて開催します。その他、詳細は研修でご説明いたします。

お問い合せ・申込み先 京田辺市社会福祉協議会事務局 TEL:0774-62-2222

ボランティアスタッフ募集 送迎・配食ボランティア「やまびこ」

☆高齢や障がいの理由で外出が困難な方の通院や社会参加のために、リフトカー(車いすのままで乗車できる車両)や福祉車両を使用し、ボランティアの運転で送迎サービスを行っています。

☆見守りが必要な方にお届けしているお弁当を民生委員等のお宅に配食をしています。
※活動日:水曜日の15:30~(月2回程度)

空いている時間を使って社会貢献ができるボランティアです。運転ボランティアとして地域の福祉を支えてみませんか!!

活動日・時間:月~金曜日の午前9時~午後5時

photo photo

ボランティアスタッフ募集 給食調理ボランティア「あじさい」

見守りが必要なひとり暮らしの高齢者の方に、月2回の配食サービスを実施しています。

毎週水曜日、13時から社会福祉センターの調理室でお弁当作りをしていただける方を募集します!! 活動は月1回程度活動しやすい週を選んでください。(1班 8~10人程度)

調理がお好きな方、スキルを活かしたい方、ボランティア活動でやりがいを感じてみませんか!!

グループに所属するのはちょっと…と思っている方、個人ボランティアとして登録もOKです。 送迎だけでなく、散髪、将棋、囲碁、一芸などが得意な方、地域の福祉の担い手として活躍してみませんか!!

photo

登録団体のご紹介

萌黄会
活動目的
茶道を学びながら心身ともに健康に暮らせるようにしています。また、会員相互の交流と親睦を深め、ボランティア精神を尊重し、地域活動に貢献します。
活動内容
▶講師を招いて裏千家茶道を学んでいます。
▶茶の湯によって精神を修養し、日本の伝統文化に親しみます。
▶施設訪問を行います。
活動日
毎月第1・第3水曜日  13:00~17:00
活動拠点
北部住民センターとうちく
シルバーサポートヨガ
活動目的
ゆっくりゆったりヨガをしてリラックス。そして楽しいお話タイムも。笑顔になって!元気になって!を目指しています。
活動内容
▶高齢者向けのやさしいヨガ
▶ヨガを通しての楽しいお話タイ
指導
水谷 亜紀 先生 (ヨガインストラクター)
活動日
毎月第2・第4月曜日  13:00~14:30
活動拠点
京田辺市立社会福祉センター

愛のかけはし ―京田辺市ボランティア連絡協議会だより第81号―

奈良へ管外研修に行きました

Ⅴ連では、ボランティア同士の連携と見識を深めるため、管外研修を実施しています。今年は、奈良市内で先進的な障害福祉サービス事業を展開されている『青葉仁会』様の事業所で研修及び昼食をいただき、理解を深めました。また、国宝館のリニューアルや中金堂落慶法要で話題の興福寺の見学などを通して、交流を深めました。

参加者の感想

初めて管外研修に参加させていただきました。青葉仁会の二つの事業所を訪れ、そこでの活動や従事されている方々の表情を拝見し、それがとても意義のあるものだと実感できました。  私たちも当事者の方のための活動を続けるうえで、参考になることも多かったように思います。また、ボランティアの参加者同士でもお話をすることができました。ありがとうございました。

photo photo


社協だよりトップに戻る

 


トップにもどる