京田辺市社会福祉協議会

文字サイズ

きょうたなべ 社協だより

157号 Web版

表紙

お互いさんの心で築こう ふれあいの架け橋

photo

本年度、最初の「社協だより」ができあがりました。

今年度も年間4回の発行ですが、社会福祉協議会(社協)の行う事業の案内や報告、ボランティア情報など市民のみなさまに役立つ情報をお届けしていきたいと思います。ぜひ、社協だよりをご一読ください。また社協だよりへのご感想や社協に対するご意見等がございましたらお寄せください。
(次回の発行は9月15日を予定しています。) 6~7月は社協会員募集月間です。 みなさまのご協力をよろしくお願いします。

社協からのお知らせ

会員加入継続と新規加入のお願い

photo photo
photo photo
photo


● 小地域福祉活動の推進
● 障害者福祉の推進
● 高齢者福祉の推進
● ボランティア活動の推進
● 青少年児童福祉の推進
● ふれあい福祉相談事業
● 在宅福祉・介護保険事業の推進
● その他社協の活動

賛助会員 10,000円以上
特別会員 1,000円~10,000円未満
普通会員 500円~ 1,000円未満

社会福祉協議会は「地域福祉」の推進を図ることを目的とする団体です。

「地域福祉」とは誰もが住み慣れた地域、家でいつまでも安心して暮らすことのできるよう、必要な援助や体制づくりなどを進めていく取り組みです。

社協は、同じ地域に住む人たちや区・自治会などの団体、組織と力を合わせた助け合いの活動を進めています。 その活動の源は、多くの市民や、企業、団体、施設の皆さまに「社協会員」となって支えていただいています。

納入していただいた「会費」は、本会運営並びに社会福祉事業に活用させていただきます。

ひとりでも多くの皆さまにご賛同いただき、会員加入と地域福祉の推進にご協力をお願いいたします。

※ 本活動で知り得た個人情報については、会員の把握と各地域への配分額を算出する目的以外では使用いたしません。

社協の事業・計画

平成29年度の社協の取り組み

市民の生活課題と向き合った福祉事業の推進

暮らしに課題を抱える一人ひとりの生活課題は異なります。催しや福祉団体の支援、相談事業などを通して、地域や日常生活の課題を把握し、ボランティアや関係機関と連携した取り組みを展開し、安心して生活が営めるような取り組みを進めます。

【主な事業】

■高齢者等の支援

  • 敬老会の開催
  • 白寿の方への記念品贈呈
  • ひだまりの会の開催、コスモス喫茶の啓発
  • 給食サービス
  • 老連、むつみ会の支援
  • ふとん丸洗いサービス
  • ふれあいテレフォンサービス

■障がい者の支援

  • 障害者週間啓発事業
  • 障害者のつどいの実施
  • 障害者団体への支援

■青少年児童の支援

  • 子育て講演会
  • 親子ふれあいのつどい
  • 京田辺さくらへの支援

  • ふれあい福祉相談事業
  • 福祉サービス利用援助事業
  • 生活福祉資金貸付事業
利用者や家族に寄り添ったサービスの提供と健康づくりや介護予防の推進

地域や日常生活の支援を必要とする方や家族に寄り添ったサービス提供を行うとともに、健康づくりや介護予防の活動を通じて、自分らしい暮らしの営みを支援していきます。

【主な事業】

■ホームヘルプセンター

  • 訪問介護事業
  • 訪問型サービスA(緩和型)
  • 障害福祉サービス事業
  • 移動支援事業
  • 高齢者生活支援ヘルパー派遣事業
  • 産前・産後ホームヘルパー派遣事業

■常盤苑デイサービスセンター

  • 地域密着型通所介護事業

■ケアプランセンター

  • 居宅介護支援事業
  • 地域窓口相談事業

  • 介護講座、介護のひろばの開催
  • 介護者交流会、一日リフレッシュ事業の実施
  • 社協のばんごはんの実施
  • おたっしゃ応援事業
  • 認知症サポーター養成講座
ボランティア活動の推進とボランティアセンターの機能の充実

近年、ボランティアやグループの登録が増えました。要支援者や地域貢献につなげていくことはもちろんのこと、利用者やボランティア本位の活動が展開されるよう支援していきます。

本市をはじめ近隣の市町村で不測の災害が発生した際に適切に対応し、支援できるよう災害ボランティアセンターの機能や運営の充実をはかります。

【主な事業】

  • ボランティア養成講座等の開催
  • 朗読、要約筆記、点訳奉仕員養成講座等の開催
  • ボランティアセンター活動展の開催
  • リフトカー「ふれあい号」「やまびこ号」の運営
  • ふれあいテレフォンサービス事業
  • 「声の広報」「声の議会報」「声の学びの情報誌」の受託
  • ボランティアグループやボランティア連絡協議会の支援
  • 災害ボランティアセンターの運営
  • 小中学校との福祉学習の推進
  • 中学生や高校生を対象とした社会福祉体験学習の実施
第3次地域福祉活動計画の策定

平成25年度から5ヶ年計画で進めてきた「第2次地域福祉活動計画」も最終年度となります。これまでの取り組みを総括し、地域の状況や福祉課題を把握し、今後の取り組みや進め方を検討し、「第3次地域福祉活動計画」として策定します。

小地域福祉活動の推進と包括的な支援体制の構築に向けた基盤づくり

地域の中で孤立することなく、安心して暮らせる地域づくりを進めていくために、生活拠点である地域や近隣住民との豊かな関係を育むための活動を推進していきます。また、公的機関や医療・保健、福祉事業所だけでなく、企業などと連携した包括的な支援体制づくりを、絆ネット構築支援事業の推進を通じて進めていきます。

【主な事業】

  • 支部、分会でのふれあいサロン活動や見守り活動の推進
  • 絆ネット構築支援事業を推進するための体制づくり
本会の運営や組織の見直しとともに地域や市民参加の促進

社会福祉法人制度改革によって、経営組織のガバナンスの強化や事業運営の透明性の向上等、市民への周知と理解、地域社会への更なる貢献が求められています。こうした目的を踏まえた組織や体制の整備をはかります。

また、本会の概要や活動をより多くの市民に啓発し、会員加入や募金活動など基盤の強化に努めます。

【主な事業】

  • 自主財源の確保(会員募集、チャリティーバザーの実施)
  • 共同募金運動(赤い羽根、歳末たすけあい募金運動の実施)
  • 社協だよりの発行
  • 社会福祉大会の実施
  • 喫茶りあんの運営
  • 子育て世代の居場所づくり「いつでもだれでも」の実施
  • 社会福祉センターまつりの開催

平成29年度の社協の予算

【収入の部】
(単位:千円)
会費収入 5,160
寄付金収入 500
補助金収入 88,669
受託金収入 30,088
事業収入 8,006
負担金収入 180
介護保険事業収入 105,167
障害福祉サービス等事業収入 5,412
雑収入 287
受取利息配当金収入 2,419
拠点サービス区分間繰入金収入 6,299
積立資産取崩収入 8,250
前期末支払資金残高 66
合計 260,503
【支出の部】
(単位:千円)
人件費支出 173,484
事務費支出 5,621
事業費支出 64,156
負担金支出 425
固定資産取得支出 3,230
拠点サービス区分間繰入金支出 6,299
退職手当積立基金預け金支出 7,089
予備費 199
合計 260,503

限られた財源をできる限り有効に活用して、支援を必要とされる方々の日常生活に役立てることを基本に、社協の役割を果たすこととしています。平成29年度も社協をよろしくお願いします。

募集・案内

京田辺市市政20周年記念事業 子育て講演会を開催します。

photo 「子どもたちへの“メッセージ”」

photo

子育ての毎日は慌ただしく過ぎていきます。講演やワークショップを通して、 ひととき立ち止まり、未来の大人へと成長していく「子どもたち」に伝えたいこと を考えてみませんか。

今回、幅広い世代に親しまれる絵本「じごくのそうべえ」(第1回絵本にっぽん 賞受賞)の作者田島征彦さんを迎え、講演会を行います。

開催日時
平成29年8月20日(日)12:30開場~16:00イベント終了
会場
京田辺市立中央公民館

photo

内容
講演会 13:10~14:40
「絵本で伝えるメッセージ」 講師 絵本作家 田島征彦(たじまゆきひこ) さん
・田島征彦さんによる絵本の読み聞かせライブを行います。
・講演後、サイン入り絵本の購入ブースを設けます。

ワークショップ 14:45~15:10
「20歳の君へ ~ 手紙を書こう ~」
・メッセージカードはこちらで用意します。
・子ども宛てに書いた手紙が20歳の年に届く、「タイムカプセル郵便」にします。(抽選で20名)

プレゼント抽選等 15:15~16:00
対象
講演会に関心のある方はどなたでも
参加費
無料
定員
400名 ※申込み不要
問い合わせ
京田辺市社協(TEL0774-62-2222)まで
保育ルームをご用意しています。ご希望の方は8月10日(木)までにお申込みください。
(締切までに定員に達する場合もありますので、その際はご了承ください。)

京田辺にもあったらいいな こんな場所“いつでもだれでも”

photo

京田辺市社会福祉センターでは、育児中の親の孤立を解消できるような自由な時間を過ごしてもらえるような居場所づくりの日を設定しています。

開放日
原則 毎月第3水曜日10:00~15:00
利用料
無料(予約不要)
対象
京田辺市民で就学前の子育て家庭・妊婦
利用方法
受付カードに記入し、開放中は自由
※お子様から目を離さないことなどのルールあり

【平成29年内の予定】

7月19日(水)・ 8月16日(水)・ 9月20日(水) 10月18日(水)・11月15日(水)・12月20日(水)

ふとん丸洗いサービスのご案内

photo

対象
在宅でねたきり等、常時介護が必要な方(概ね60歳以上の方)
実施時期
7月・9月・12月・2月 ※10日間程度お布団をお預かりします。
内容
寝具2種類(掛ふとんや敷布団など)を丸洗いします。
※年間を通じて2回まで利用が可能。(1回の利用枚数は2枚まで)
費用
無料
申込方法
社会福祉協議会に所定の用紙にて申し込み
問合せ先
社会福祉協議会 TEL 0774-62-2222
前期実施日

7月18日(火)・19日(水)回収
7月28日(金)・29日(土)納品

9月19日(火)・20日(水)回収
9月29日(金)・30日(土)納品

地域交流スペース コミュニティカフェ 喫茶「りあん」からのお知らせ

photo
photo

「りあん」はフランス語できずなを意味します。名前のとおり、市民のみなさんが集い、情報交換・共有し合いながら、きずなでつながる場となるように…。そんな願いが込められています。

「いつも変わらないおいしさ」をモットーにコーヒーを提供しています。

※京都府社会適応訓練事業所として取り組みを行っています。

営業日時
月・火・木・金 11:00~15:00 ※水・土・日・祝日は休業です。
場所
京田辺市立社会福祉センター 1階 地域交流スペース

夏は、手作りのアイスコーヒーが大人気です!!ぜひ、お越しください!

身近な相談窓口があなたの暮らしを応援します

相談は無料、秘密は厳守します。 

一般相談
ふれあい相談室 月~金、9時~16時(祝日除く)電話、来所等
※来所の場合も、まず、お電話ください。
相談室直通電話
0774-62-5447
心配ごと相談 29年
6月26日(月)
7月5日(水)、14日(金)、25日(火)
8月4日(金)、17日(木)、25日(金)
9月5日(火)、15日(金)、25日(月)
13:30~16:00
専門相談
弁護士相談
(予約制)
29年
7月25日(火) 予約受付 7/3~
8月25日(金) 予約受付 8/1~
9月25日(月) 予約受付 9/1~
13:30~16:00
司法書士法律相談
(予約制)
29年
7月14日(金) 随時予約受付
8月17日(木) 随時予約受付
9月15日(金) 随時予約受付
税務相談
(予約制)
29年
8月4日(金) 随時予約受付
11月6日(月) 随時予約受付
成年後見制度相談
(予約制)
29年
6月30日(金) 随時予約受付
7月31日(月) 随時予約受付
8月30日(水) 随時予約受付
9月29日(金) 随時予約受付
司法書士による家計相談
~多重債務に陥らないために~
(予約制)
29年
6月30日(金) 随時予約受付
8月30日(水) 随時予約受付
「これからのこと」相談
~福祉サービス利用援助事業~
(予約制)
29年
6月30日(金) 随時予約受付
7月31日(月) 随時予約受付
8月30日(水) 随時予約受付
9月29日(金) 随時予約受付
10:00~12:00

上記の相談は、京田辺市立社会福祉センターで行います。

相談専用電話:0774-62―5447

講座・講習会

日時・内容 場所・対象者・参加費
6月 26日(月)交流会 
13:30~15:00
・介護されている方や介護の経験者との懇談
・健康相談
場所:京田辺市立社会福祉センター
対象:介護者と介護経験者
参加費:無料
7月 18日(火)日帰り旅行
9:10 社会福祉センター出発
15:30 帰着予定
・川村義肢会社見学
・鶴見緑地公園 咲くやこの花館見学
対象:在宅等で介護されている方
定員:先着25名
参加費:1,600円(昼食代)
※要申込み
27日(木)介護の広場
10:00~12:00
・認知症サポーター養成講座
「認知症になっても大丈夫 そんな町を目指して」
講師 高齢者総合福祉施設 神の園
施設事業部長 松尾 隆昭 氏
13:00~15:30
・介護講座
「在宅における服薬管理と認知障害」
綴喜薬剤師会
・介護方法の実技
場所:京田辺市立社会福祉センター
対象:介護に興味のある方ならどなたでも
参加費:無料
定員:50名
※要申込み
8月 28日(月)交流会 
13:30~15:00
・介護されている方や介護の経験者との懇談
場所:京田辺市立社会福祉センター
対象:介護者と介護経験者
参加費:無料
9月 25日(月)交流会 
13:30~15:00
・エコネックレスづくり
10月 23日(月)交流会
13:30~15:00
介護されている方や
介護の経験者との懇談

和太鼓入門講座

和太鼓に親しんでいただき、ボランティア活動への理解を深め、施設訪問や地域交流活動へ共に参加していただける方を募集します。

日程
7月12日(水)
時間
9:30~11:30
場所
中央公民館 大ホール
定員
10名(多数の場合は抽選)
参加費
無料
対象
市内在住および在勤・在学の方、受講後ボランティア活動ができる方
講師
富治林 浩氏(日本太鼓連盟評議員一級公認指導員)
申込み
往復はがきに住所・氏名・年齢・電話番号を明記し、社会福祉協議会内“輪”宛まで
【6月20日(火)必着】
その他
動きやすい服装、タオル、お茶、運動靴

ハワイアンフラ入門講座

アロハエンゼル田辺では“みんなで楽しく”をモットーに練習しています。かわいいパゥ(スカート)をはいて、レイをつけて、一緒に踊ってみませんか。

日程
8月30日(水)
時間
13:00~14:15
場所
京田辺市立社会福祉センター
定員
15名(定員になり次第締切)
参加費
無料
対象
市内在住および在勤・在学の方
講師
井上 信子氏(ナプアレイ・井上ハラウ主宰)
申込み
社会福祉協議会へ電話にて申込み
その他
動きやすい服装、タオル、お茶

 

要約筆記ボランティア入門講座

要約筆記とは、聴覚に障がいがある方に、話の内容をその場で手書きやパソコンで文字にして伝える筆記通訳のことです。難聴者や中途失聴者には、手話を使える人が少なく、要約筆記は重要なコミュニケーションの手段となります。ボランティアとして活動してみませんか。

日程
9月21日、28日、10月5日、12日、19日、26日(木曜日 全6回)
時間
9:30~12:00
場所
京田辺市立社会福祉センター
定員
25名程度
参加費
無料
対象
市内在住および在勤・在学の方
申込
社会福祉協議会へ電話にて申し込み

 

朗読ボランティア養成講座

視覚に障がいがある方のために、活字を音声に変える朗読と音訳技術を学びます。

日程
9月6日、13日、20日、10月4日、11日、18日、11月1日、8日、15日、22日、12月6日、13日 (水曜日 全12回)

photo

時間
9:30~11:30
場所
京田辺市立社会福祉センター
定員
10名(多数の場合は抽選)
参加費
無料
対象
12回中10回以上受講できる方
申込
往復はがきの往信用に、住所・氏名・年齢・電話番号を記入のうえ、社会福祉協議会事務局へ郵送(※市外在住の方は、通勤・通学先を更に記入してください。)

車イス体験・施設ふれあい講座

車イスなどの介助体験や喫茶一休に参加して、洛南寮の皆さんと交流を深めていただく体験講座です。ボランティア活動に興味のある方など、たくさんの参加をお待ちしております。

photo

日程
7月27日(木)
時間
13:30~16:00
場所
京都府立洛南寮
定員
15名
参加費
無料(喫茶の飲み物代が別途必要)
申込
社会福祉協議会へ電話にて申し込み

 

ボランティア関連/ボランティアの輪

ボランティア募集のご案内

テレフォンサービスボランティアを募集しています!

テレフォンサービスボランティアグループ「たんぽぽ」では一緒に活動いただけるボランティアを募集します。

テレフォンサービスとは?

テレフォンサービスボランティアグループ「たんぽぽ」が、ひとり暮らしの高齢者等に電話をして、安否の確認やお話し相手をする友愛訪問のサービスです。日常のことや趣味のこと等を楽しくお話しています。

活動場所
社会福祉センターテレフォン室または自宅
活動回数
月1~3回
テレフォンサービスを利用したい方も募集中

photo

ちょっとした心配事は、誰かに話すことで解決したり、話を聞いてもらうだけでもホッとしたりするものです。

対象
京田辺市在住のおおむね65歳以上の高齢者(ひとり暮らし・高齢者世帯・昼間独居)や障がい者の方
利用料
無料
手続き
利用開始にあたっては、申請書の提出が必要です。

テレフォンサービスについて、詳しくは京田辺市社協へお問い合わせください。

ひだまりの会“スタッフ”募集しています!

photo

京都府立洛南寮(養護施設)で行われる地域高齢者との交流会の運営をお手伝いくださる方を募集します。

日時
月1回(原則第4火曜日)13:00~16:30頃
※月により若干異なります。
]場所
府立洛南寮(大住仲ノ谷14-1) 内 容 カラオケサークルや工作、ゲームなどアトラクションの企画や準備等を行います。

※ 体験参加可能です。詳しくは京田辺市社協へお問い合わせください。


社協だよりトップに戻る

 


トップにもどる