京田辺市社会福祉協議会

文字サイズ

きょうたなべ 社協だより

155号 Web版

表紙

お互いさんの心で築こう ふれあいの架け橋

photo

「ふれあい交流会」
平成28年10月13日(木)、市内にお住まいの高齢者とボランティアとの交流の場として、ふれあい交流会を開催し、56名の方が参加して交流を深めました。日ごろより高齢者にかかわるボランティアグループや個人ボランティアさんと、一緒に楽しく学ぶ講座で会場は一体感に包まれ、盛り上がりました。今後の地域のネットワークにつながることを期待しています。

チャリティーバザーにご協力いただき ありがとうございました
歳末たすけあい募金運動にご協力をお願いいたします
運動期間は12月1日~12月31日です

社協からのお知らせ

歳末たすけあい募金運動にご協力をお願いします!

歳末たすけあい募金の運動期間 12月1日から12月31日まで

「つながり ささえあう みんなの地域づくり」

歳末たすけあい募金運動は、1906年(明治39年)に大阪毎日新聞が「歳末同情募金」を集めたのが始まりとされています。運動の発端が、年を越せない人のために金品を持ち寄る活動であったため、歳末たすけあい運動では、当年度中に募金と配分を行うこと、配分内容として見舞金の配分があることなど、赤い羽根共同募金と異なる取り扱いが今も残っています。

支援を必要とする人たちが地域で安心して暮らすことができるようさまざまな福祉活動を展開する取組として、共同募金会や社会福祉協議会が中心となり地域住民のご理解とご協力のもと展開されています。

☆ 集められた募金は地域住民のみなさんが年末年始を温かな気持ちで過ごしていただくための事業に役立てます

地域での、ふれあいサロン活動や見守り活動、研修会、クリスマス会など
地域住民が参加できる福祉活動を公募します
(地域住民のみなさんの福祉活動を応援します!!)

対象となる活動
1 地域住民のだれもが、地域社会の一員として参加できる年末や新年を機会とする地域福祉活動やイベント
(例 : 地域福祉活動としてのクリスマス会や新年会、訪問・見守り活動など)
2 生活課題や生活支援サービス等に関する学習会やセミナーの開催
(例:NPO法人や各種団体が開催するセミナーなど) 
3 居場所づくり活動
(例:小地域で行う高齢者、子育て等のサロン活動など)
原則として、事業実施期間は 平成28年12月から平成29年3月末までに完了すること。
配分金額
1団体 30,000円以内
(応募数により、配分額を調整する場合があります。)
申込方法
平成28年12月15日(木)までに所定の申込用紙にてお申込ください。
*申込用紙は、社協事務局に用意しています。社協ホームページからもダウンロード(リンク)できます。
申込み・問合せ
京田辺市社会福祉協議会 TEL 0774-62-2222

【昨年度、配分金が活用された内容】

photo photo photo
 新興戸子ども会クリスマス会 / 西住宅生け花教室 / 東住宅クリスマス会

“社会福祉センターふれあいまつり”に決まりました!!

平成29年3月4日(土)に開催を予定している社会福祉センターまつり(仮称)への参加呼びかけを行ったところ、31団体から申し込みがありました。参加団体による実行委員会を開催し、名称の選定を行ったところ、上記のとおり正式決定しましたので、報告いたします。

田辺中学校から熊本地震への救援金

田辺中学校で生徒会が中心となって昭和35年から行われている「心もち運動」で、去る11月9日、今年4月に熊本県熊本地方を震源とする地震に対する救援・復興事業を支援するための寄付がありました。

事業報告・活動報告

福祉を考えるきっかけづくり

夏の社会福祉体験学習を開催しました

市内在学・在住の中学生・高校生45名がそれぞれの夏休みを利用して、保育園や高齢者施設、ボランティアグループでのボランティア体験に参加しました。

普段の学校生活では接することが少ない、小さな子どもたちや高齢者、障がいがある方たちとの出会いや交流を通して、「今しかできないこと」を体験し、様々な思いを持ち帰る機会になりました。

この体験が、福祉について関心を持ったり、身近なこととして考えたりするきっかけになればと願っています。

photo

体験学習の生徒のコメント
  • 視野が広がり、自分の可能性についていろんなことが考えられました。
  • 福祉に興味がない人でも参加して良かったと思いました。
  • 学校で学べないことをたくさん学ぶことができるので参加して良かった。
  • 自分とは年齢、社会的立場や経験の違う人々と接することができて、自分のことを見直すことができ、将来のことを考えるきっかけにもなるかと思います。 

ふれあい交流会を開催しました

10月13日、社会福祉センターで市内在住のひとり暮らしの高齢者とボランティアの交流会を開催しました。

(医)石鎚会 やすらぎ苑 作業療法士の織田泰匡さんをお迎えし、みなさんで楽しくグーパー運動や色当てクイズ、後出しじゃんけんなど、認知症予防に効果的な頭の体操を実施しました。

また、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)予防チェックを行い、トレーニングの方法を学びました。

会食のあとは市内で活躍されているボランティアグループによる演芸とマジックショーを楽しみました。

協力のボランティアグループ
  • 給食ボランティアグループ「あじさい」
  • テレフォンサービスボランティアグループ「たんぽぽ」
  • 朗読ボランティアサークル「せせらぎ」
  • 要約筆記ボランティアサークル「たけのこ」
  • 配食・送迎ボランティアグループ「やまびこ」

【当日の様子】

photo photo
後出しじゃんけんとグーパー体操

photo photo
マジックショー くるみの会V(三味線)

募集・案内

12月3日~9日 は「障害者週間」です。

障がい者について地域や市民が関心と理解をさらに深めるとともに、障がい者の「完全参加と平等」の実現に向け、様々な取り組みを行っています。

京田辺市では、市内の主要駅周辺で街頭啓発活動を実施するほか、綴喜二市二町 (八幡市、井手町、宇治田原町、京田辺市)の障がい者団体と社協が協力し、今年は京田辺市で記念式典と記念公演を開催します。

また、当日は綴喜二市二町の作業所から授産製品の展示や販売もしています。

ひとりでも多くの市民のみなさんのご参加をお待ちしています。

photo

日時
平成28年12月8日(木)13:00~15:30
会場
京田辺市立中央公民館 大ホール
内容
1部 記念式典
2部 記念公演 トーク&コンサート
 「夢の力」
 車イスのシンガーソングライター 森 圭一郎 さん
参加費
無料
問合せ
京田辺市社会福祉協議会 TEL 0774-62-2222

 

11月は『 児童虐待防止推進月間 』です。

オレンジリボンは、子育てを温かく見守り、子育てをお手伝いする意思のあることを示すマークで、オレンジ色は子どもたちの明るい未来を表しています。

京田辺市や京田辺市要保護児童対策地域協議会、京田辺市社会福祉協議会では、地域ぐるみの子育てを応援し、虐待の未然防止に取り組んでいます。

「これって児童虐待?おかしい?」と感じたら迷わず連絡してください。また、子どもに関する様々な相談にも応じていますので、ひとりで悩まず相談してください。

photo ※お近くの児童相談所につながります。

【子育て講演会を開催】

あんなに小さくてかわいかった子から言われたまさかの「クソババァ」発言!?嵐のような反抗期も思春期も、子どもが成長する大切な通過点。子どもと闘わず、見守りながら上手にかわすコツを考えましょう。
日時
11月23日(水・祝)10:00~11:30
場所
京田辺市立中央公民館
テーマ
思春期の子どもと関わるヒント
~反抗期と思春期のトリセツ~
講師
高野 優(育児漫画家・絵本作家)
参加費
無料
その他
保育ルームあり
※締切までに定員に達する場合があります。ご了承ください。
※ご希望の方は11月16日(水)までに申し込み
申込み・問合せ 京田辺市役所子育て支援課 TEL 0774-64-1377

おたっしゃ応援事業のお知らせ

サロンや老人会などで、介護予防やレクリエーションのプログラムを提供しています。それぞれのサロンにあった内容や時間に応じますので、ご相談ください。

【血圧測定・健康相談いたします】

photo
看護師がサロンで、血圧測定や健康の悩みをお聞きします。

【おたっしゃ応援を活用したサロンの様子】

photo photo
介護予防ゲーム /  介護予防体操

問合せは 社協ケアプランセンター TEL 0774-65-3826

介護用品の貸出をしています

短期間だけ必要な方に、貸出をしています。必ず事前にお問合せください。

【こんなときに・・・】
・骨折やけが
・旅行や外出
・介護保険申請までの短期間
・一時期だけ介護が必要なとき

【貸出できる介護用品】

photo photo
シャワーチェア / ポータブルトイレ
他には… 車いす、浴槽台、バスボード、シャワーチェア、ポータブルトイレなど

問合せは 社協ケアプランセンター TEL 0774-65-3826

介護者リフレッシュ 日帰り旅行

photo

介護からひととき離れた時間を過ごし、リフレッシュします。

日時
11月29日(火)
場所
箕面温泉と散策
対象
在宅で介護している方
定員
25名 ※先着順
参加費
昼食代1,500円程度

9:20社会福祉センター出発
 (三山木駅ロータリー 9:10出発)(JR大住駅 9:40出発)
※帰着 15:30 京田辺予定

 

介護者交流会

photo
交流会の様子

日ごろの介護の悩みや疑問など、介護者同士でお話しします。

日時
12月26日(月)13:30~15:00
介護者のみなさんで交流します
1月23日(月)13:30~15:00
フラワーアレンジメントを楽しみます
2月27日(月)13:30~15:00
介護者のみなさんで交流します
場所
京田辺市立社会福祉センター
対象
介護の悩みをお持ちの方どなたでも
参加費
無料 ※1月はお茶代300円程度必要

【申込み】日帰り旅行・交流会ともに
京田辺市社会福祉協議会 TEL 0774-62-2222

介護者実技相談会

個別に家庭での介護方法などをアドバイスします。日ごろの介護でお困りのことなど、お気軽にご相談ください。

日時
12月21日(水) 13:00~16:00
2月15日(水)  13:00~16:00
場所
京田辺市立社会福祉センター
申込み
事前に社協ホームヘルプセンターまで TEL0774-65-3550

 

ふれあい交流会

日時
1月19日(木)13:30~15:30
場所
京田辺市商工会館(CIKビル)
対象
市内在住のひとり暮らしの高齢者(昼間独居の方も参加できます)
内容
・みんなの認知症予防ゲーム~あかるく笑ってみんないきいき~ 
・ボランティアとの交流・お茶会
参加費
無料
申込み
京田辺市社会福祉協議会 TEL0774-62-2222

 photo

地域交流スペース コミュニティカフェ 喫茶「りあん」からのお知らせ


photo

「りあん」はフランス語できずなを意味します。名前のとおり、市民のみなさんが集い、情報交換・共有し合いながら、きずなでつながる場となるように…。そんな願いが込められています。

「いつも変わらないおいしさ」をモットーにコーヒーを提供しています。

営業日時
月・火・木・金 12:00~15:00
※水・土・日・祝日は休業です。
場所
京田辺市立社会福祉センター 1階地域交流スペース

しばらくの間、営業開始時間を12:00からとさせていただきます。

身近な相談窓口があなたの暮らしを応援します

相談は無料、秘密は厳守します。

一般相談
ふれあい相談室 月~金、9時~16時(祝日除く)電話、来所等
※来所の場合も、まず、お電話ください。
相談室直通電話
0774-62-5447
心配ごと相談 28年
11月25日(金)
12月5日(月)、15日(木)、26日(月)
29年
1月10日(火)、16日(月)、25日(水)
2月6日(月)、15日(水)、24日(金)
13:30~16:00
専門相談
弁護士相談
(予約制)
28年
12月5日(月)(予約受付 11/21~)
12月26日(月)(予約受付 12/1~)
29年
1月25日(木)(予約受付 1/4~)
2月24日(金)(予約受付 2/1~)
13:30~16:00
司法書士法律相談
(予約制)
28年
12月15日(木) 随時予約受付
29年
1月16日(月) 随時予約受付
2月15日(水) 随時予約受付
税務相談
(予約制)
29年
2月6日(月) 随時予約受付
成年後見制度相談
(予約制)
28年
12月27日(火) 随時予約受付
29年
1月30日(月) 随時予約受付
2月28日(火) 随時予約受付
司法書士による家計相談
~多重債務に陥らないために~
(予約制)
28年
12月27日(火) 随時予約受付
29年
1月30日(月) 随時予約受付
2月28日(火) 随時予約受付
「これからのこと」相談
~福祉サービス利用援助事業~
(予約制)
28年
12月27日(火) 随時予約受付
29年
1月30日(月) 随時予約受付
2月28日(火) 随時予約受付
10:00~12:00

上記の相談は、京田辺市立社会福祉センターで行います。

相談専用電話:0774-62―5447

講座・講習会

認知症サポーター養成講座

認知症は誰にでも起こりうる病気です。

認知症の人や家族の気持ちに寄り添った支援を一緒に考えてみませんか。

【講義】「義母の介護を通して感じたこと」
公益社団法人 認知症の人と家族の会 京都支部 松井 かよ 氏

日時
12月3日(土)10:00~11:30
※講座終了後、懇談会を実施します。(11:30~12:00)
希望される方はご参加ください。
場所
北部住民センター(とうちく)
定員
30名
参加費
無料
申込み
社協ケアプランセンター TEL0774-65-3826

 

ボランティア関連/ボランティアの輪

京田辺市災害ボランティアセンターからのご報告

平成28年度京田辺市災害ボランティアセンター設置・運用研修を実施

本会では、常設型の災害ボランティアセンターを設置し、大規模災害に備えた体制強化の取り組みを進めており、10月1日(土)に、災害ボランティア事前登録者や関係機関・団体等から68名にご参加いただき、災害時体制におけるセンターの運営手順について、模擬訓練を通して共通理解を深めました。

スタッフ役、ボランティア役、被災者役とそれぞれの立場で実際にシミュレーションをしたことで、様々な課題やイレギュラーな事象への対応などが浮き彫りとなり、今後の支援体制の充実に向け実りある研修となりました。

photo photo
受付の様子 / 送り出しの様子

京田辺市と「京田辺市災害ボランティアセンターに関する協定書」を締結

これまで常設化に合わせて作成した「京田辺市災害ボランティアセンター運用マニュアル」のもと、災害時における役割や関係機関との連携など、支援体制づくりを進めています。大規模な災害が発生し、支援活動の必要性が認められる場合、センターの運営にあたっては、京田辺市(災害対策本部)との円滑な連携が必要不可欠になってきますが、9月30日付で京田辺市と協定を締結したことで、より具体的に役割を明確化し、迅速かつ効果的な支援活動につながるものと期待しています。

『京田辺市社協ボランティアセンター活動展』を開催します!!

京田辺市社協に登録し、日々活躍しているボランティアグループの活動の様子を活動内容と合わせてパネルで展示します。また、災害ボランティアセンターの説明やボランティア相談も行いますのでボランティア活動を始めてみたい方、興味のある方など、ぜひお立ち寄りください。

日時
平成28年
11月22日(火)・24日(木)10:00~18:00(※)
   26日(土)・27日(日)10:00~17:00(※)
≪ボランティア相談:13:00~15:00≫
※22日は準備のため13:00から、27日は片付けのため16:00まで
場所
京田辺市立中央図書館ギャラリー「かんなび」

 

“いこいの場”ボランティア募集

調理活動などを通して、心に病を持たれた方たちの自立支援を目的に活動しています。

参加者と共に調理を行っていただける方を募集します。

活動日
毎月第4火曜日 10:30~15:00
活動場所
京田辺市立社会福祉センター
活動内容
調理、食事、談話、その他外出活動など
参加費
1回200円

 

【ボランティア養成講座】認知症予防ボランティア

「みんなの認知症予防ゲーム」(脳活性化ゲーム)の手法を学び、地域での活動に生かしてみませんか? 男性女性は問いません。やさしさと笑顔溢れるプログラムで楽しく取り組めます。

日時
12月19日(月)、21日(水)、22日(木) 各回 13:00~17:00
【全3回】※講座終了後、演習(1回※1月19日(木))を予定しています。
内容
みんなの認知症予防ゲームの概要と実践方法を学ぶ
講師
NPO認知症予防ネット 中村(なかむら) 都子(くにこ) 氏
場所
京田辺市立社会福祉センター
対象
市内在勤・在住 原則全3回講座受講が可能の方で、本研修終了後も市内での活動に携われる方
定員
20名
参加費
1,000円(テキスト代)
申込み・問合せ
京田辺市社会福祉協議会 TEL0774-62-2222
主催
認知症予防ボランティアグループ 「スペース・虹」  
“みんなの認知症予防ゲーム”って?
NPO認知症予防ネット(宇治市)が進める認知症予防プログラム。健康な人、脳機能低下段階の人、認知症を発病した人など、誰もが参加できて脳活性化に有効なゲームで笑いあふれる楽しいプログラムです。
事前に体験したい方は 認知症予防教室12月5日(月)13:30~ 京田辺市立社会福祉センター(要事前申し込み・お茶代200円程度)

photo photo

愛のかけはし ―京田辺市ボランティア連絡協議会だより第76号―

V連への加入が41団体に増えて、初めての研修会を実施しました。防災について先進的に取り組んでいる南丹市園部町横田区に伺い、見識を深めると共に、ボランティア同士の交流を深めました。

(参加者の感想)
区や防災委員会、民生委員、ボランティアなど協力し合って取り組んでおられ、連携をはかりながらの組織づくりが重要だと感じました。台風18号災害による被災者の証言からも「こんな災害になるとは…」という想定外だった出来事に、私たちもボランティアとして、いざという時に必要な判断ができるよう様々な面での“備え”が求められます。併せて、お互いがお互いに見守る心を持って日々の生活が送れるよう一人の住民として、地域づくりの大切さを大いに感じた研修となりました。

photo photo


社協だよりトップに戻る

 


トップにもどる