京田辺市社会福祉協議会

文字サイズ

きょうたなべ 社協だより

153号 Web版

 

表紙

お互いさんの心で築こう ふれあいの架け橋

photo

第21回 京田辺市社会福祉大会

第1部では、式典として表彰及び感謝状贈呈を行いました。受賞者は以下のとおりです。

表彰状受賞者(敬称略・順不同)
[永年勤続役員関係]
青木 二三代、植原 優、大戸 姫子、岡井 丈志、岸中 千枝子、小林 弘、谷上 博史、中瀬 晃子、服部 卯之輔、古川 宏

感謝状受賞者(敬称略・順不同)
[ボランティア(団体・個人)関係]
ほほえみサークル ドン・ドコ・どん、アロハエンゼル田辺、朗読の会“萌え”、ニッポン・アクティブライフ・クラブ ナルク南京都、はな花倶楽部、中洌 芙美子、平井 京子、森島 保、匿名(1名)
[寄付関係]
京田辺市民チャリティゴルフ大会実行委員会、カークラブハロー はろーすぺしゃる軽トラ大集合、西日本日立物流サービス株式会社

第2部では、京都府住みます芸人、月亭太遊さんを座長に、また、サバンナ八木さんをゲストとしてお迎えし、京田辺市民で結成された劇団「とんちんかんちん座」による講演会第2弾「ここは!みんなのきょうたなべ♥ひとりひとりの思いをつないで~」を行いました。
石井市長にも特別出演いただき、わたしたちのまち“京田辺”について、そして「誰もがいつまでも安心して暮らせるように…」そんな思いでつながる人と人との絆について描いた“みんなの物語”を笑いとともに伝えました。

6~7月は社協会員募集月間です。 みなさまのご協力をよろしくお願いします。

社協からのお知らせ

6月・7月は社協会員募集強化月間です。

社協会員加入継続と新規加入のお願い

社会福祉協議会(社協)は、地域福祉の推進を図ることを目的とする団体(社会福祉法109条)です。

会員である地域の関係団体や住民のみなさまと一緒に 地域福祉、福祉サービスの充実や環境整備を行い、「誰もが安心して暮らすことのできる福祉のまちづくり」の実現を目指しています。

社協の活動は、地域に根ざしたものです。みなさまの協力と参加によるあたたかい気持ちが不可欠です。納入していただいた会費は、貴重な社協自主財源として、ボランティア活動支援や地域福祉活動支援に活用しています。

みなさまのご理解とご協力をよろしく願いいたします。

社協会費の種類は・・・

◆賛助会員 1口 10,000円 以上
◆特別会員 1口 1,000円 ~ 10,000円未満
◆普通会員 1口 500円 ~ 1,000円未満

会員の加入方法

毎年、6月・7月に区・自治会のご協力をいただき、各ご家庭に会費袋を配布させていただいています。

※ なお、本活動で知り得た個人情報については、会費を納め本会の活動に賛同されている方の把握を 目的とし、適正に取扱を行います。

京田辺にもあったらいいな こんな場所“いつでもだれでも”

平成28年4月20日(水)にオープンしました。

京田辺にもあったらいいな こんな場所“いつでもだれでも”

京田辺市社会福祉センターでは、育児中の親の孤立を解消できるような自由な時間を過ごしてもらえるような居場所づくりの日を設定しました。

利用者の方の声を取り入れながら、居心地の良い場所になるように取り組んでいます。

開放日
原則 毎月第3水曜日10:00~15:00
利用料
無料(予約不要)
対象
京田辺市民で就学前の子育て家庭 出産予定の方
利用方法
受付カードに記入し、開放中は自由  ※ お子様から目を離さないことなどのルールあり

photo

【平成28年内の予定】
7月20日(水)・ 8月17日(水)・ 9月21日(水)・10月19日(水)・11月16日(水)・12月14日(水)

5月18日は同志社女子大の学生の方にご協力いただき、大きな絵本の読み聞かせや歌遊びなどをしました。

(ご報告)
社協だより152号でベビーベッドの提供をお願いしたところ、すぐにご連絡が入り、提供していただくことができました。ありがとうございました。“いつでもだれでも”で活用させてもらっています。

photo

【お知らせ】

平成28年5月19日をもちまして、京田辺市立社会福祉センターでのペットボトルキャップ回収によるリサイクル支援活動は終了とさせていただきます。長らくのご協力ありがとうございました。

社協の事業・計画

平成28年度の社協のとりくみ

photo

絆ネット構築支援事業の推進
  • 支部分会でのふれあいサロン活動の推進
  • 支部分会での見守り活動の推進
  • 区・自治会、民生委員児童委員、老人クラブなど福祉関係団体との関係強化
  • 事業所や企業との連携
社会福祉事業の推進と活動基盤の強化と啓発
  • 市との敬老会の共催
  • ふとん丸洗いサービス事業
  • 「障害者週間」啓発事業(12月3日~9日)、障害者団体等への支援
  • ひとり暮らし高齢者等のふれあい交流会や給食サービスの実施
  • ひとり親家庭の親子ふれあいの集いの実施、京田辺さくらの支援
  • 生活福祉資金の貸付事業
  • 福祉サービス利用援助事業
  • 心配ごと相談や専門相談(弁護士、司法書士、税務等)の実施
  • 自主財源(社協会費、チャリティーバザー)の確保
  • 社協だよりの発行(年4回)とホームページの更新
  • 赤い羽根共同募金(10月1日~)の実施
  • 歳末たすけあい募金(12月1日~)の実施
  • 第2次地域福祉活動計画の推進
  • 社会福祉センターの管理運営
  • 社会適応訓練事業所・喫茶りあんの運営
ボランティア活動の振興
  • 各種養成講座の開催
  • 朗読、要約筆記、点訳奉仕員養成講座の受託
  • ボランティアの登録と需給調整、活動の啓発と普及、基盤整備
  • ボランティアセンター活動展の開催
  • リフトカーの運営
  • ふれあいテレフォンサービス事業
  • 「声の広報」・「声の議会報」・「声の学びの情報誌」の受託
  • ボランティアグループやボランティア連絡協議会の支援
  • 災害ボランティアセンターの運営
  • 小中学校との福祉学習の推進
  • 中学生や高校生を対象とした社会福祉体験学習の実施

photo

在宅福祉・介護保険事業の推進
  • 介護保険サービス事業(訪問介護事業、通所介護事業、居宅介護支援事業)
  • 障害者福祉サービス事業(居宅介護、重度訪問介護)
  • 市委託事業(移動支援事業、産前・産後・高齢者生活支援ヘルパー派遣事業等)
  • 地域窓口相談事業
  • 有料配食サービス(社協のばんごはん)の実施
  • おたっしゃ応援事業や認知症サポーター養成講座の実施
  • 介護講座と1日リフレッシュ事業の実施

平成28年度の社協の予算

収入の部
(単位:千円)
会費収入 5,660
寄付金収入 500
補助金収入 88,923
受託金収入 29,601
事業収入 7,790
負担金収入 180
介護保険事業収入 100,946
障害福祉サービス等事業収入 8,412
雑収入 277
受取利息配当金収入 2,419
拠点サービス区分間繰入金収入 9,053
積立資産取崩収入 3,000
前期末支払資金残高 893
合計 257,654
支出の部
(単位:千円)
人件費支出 173,062
事務費支出 5,894
事業費支出 61,155
負担金支出 425
固定資産取得支出 150
拠点サービス区分間繰入金支出 9,053
退職手当積立基金預け金支出 7,368
予備費 547
合計 257,654

限られた財源をできる限り有効に活用して、支援を必要とされる方々の日常生活に役立てることを基本に、社協の役割を果たすこととしています。平成27年度も社協をよろしくお願いします。

募集・案内

地域交流スペース コミュニティカフェ りあんからのお知らせ

「りあん」はフランス語できずなを意味します。名前のとおり、市民のみなさんが集い、情報交換・共有し合いながら、きずなでつながる場となるように…。そんな願いが込められています。

「いつも変わらないおいしさ」をモットーにコーヒーを提供しています。

営業日時
月・火・木・金 11:00~15:00(6月・7月は12:00開店)  ※水曜日は定休日です。
場所
京田辺市立社会福祉センター 1階 地域交流スペース

毎週火曜日は「セットの日」
毎週火曜日はパンとコーヒーをセットでご注文いただくと、コーヒーが100円になります!

photo

第6回 介護の広場を開催します。

7月21日(木)10:00~15:30

介護の正しい知識と対応について学びます。どなたでもご参加いただけます。

内容
第1部 認知症サポーター養成講座
 講師 若年認知症サポートセンター きずなや
第2部 介護講座・実技講習
 「在宅高齢者の脱水症・熱中症予防と対策」
 「在宅介護の基本」
介護食試食コーナー(無料)、相談コーナー(要予約)も開設します。
場所
京田辺市立社会福祉センター
申込み
事前にお電話・FAXにてお申し込みください。

photo photo photo

介護者交流会を開催します。

毎日の介護にお疲れではありませんか?話すことで少しでも気持ちを楽に…。

6月27日(月) 8月29日(月)

時間
13:30~15:00
場所
社会福祉センター
内容
介護者のみなさんで交流します。
参加費
無料

ふとん丸洗いサービス

対象
在宅で寝たきり等、常時介護の必要な方(概ね60歳以上の方)
実施時期
7月・9月・12月・2月
※10日間程度お布団をお預かりします。
内容
寝具2種類(掛け布団や敷布団など)を丸洗いします。
費用
無料

介護者リフレッシュ(昼食交流会)を開催します。

7月8日(金)

行き先
伊賀の里もくもく手作りファーム PaPaビアレストラン
参加費
500円
内容
介護者のみなさんで交流します。
集合
9:10 三山木駅ロータリー
9:20 京田辺市立社会福祉センター
9:40 JR大住駅
定員
25名 ※先着順にて受付します。定員になり次第締め切ります。

昨年の様子 photo photo

 

社会福祉体験学習に参加しませんか!?

今年も夏休み期間に、社会福祉体験学習を実施します。

市内の高齢者・障がい者・児童を対象とした福祉施設やボランティアグループの活動に参加し、ボランティア体験をします。

様々なことにチャレンジし、この夏にしかできない事をしてみませんか?

対象
市内在住・在学の中学生・高校生
日時
夏休み期間中(7月末~8月末)
体験先
市内の福祉施設、ボランティアグループ

興味のある方は、社会福祉協議会 事務局までお問い合わせください。

photo

身近な相談窓口があなたの暮らしを応援します

相談は無料、秘密は厳守します。

一般相談
ふれあい相談室 月~金、9時~16時(祝日除く)電話、来所等
※来所の場合も、まず、お電話ください。
相談室直通電話
0774-62-5447
心配ごと相談 28年
6月24日(金)
7月 5日(火)、15日(金)、25日(月)
8月 5日(金)、18日(木)、25日(木)
9月 5日(月)、15日(木)、26日(月)
13:30~16:00
専門相談
弁護士相談
(予約制)
28年
7月25日(月) 予約受付 7/1~
8月25日(木) 予約受付 8/1~
9月 5日(月) 予約受付 8/22~
9月26日(月) 予約受付 9/1~
13:30~16:00
司法書士法律相談
(予約制)
28年
7月15日(金) 随時予約受付
8月18日(木) 随時予約受付
9月15日(木) 随時予約受付
税務相談
(予約制)
28年
8月 5日(金) 随時予約受付
成年後見制度相談
(予約制)
28年
6月30日(木) 随時予約受付
7月29日(金) 随時予約受付
8月30日(火) 随時予約受付
9月30日(金) 随時予約受付
司法書士による家計相談
~多重債務に陥らないために~
(予約制)
28年
6月30日(木) 随時予約受付
7月29日(金) 随時予約受付
8月30日(火) 随時予約受付
9月30日(金) 随時予約受付
「これからのこと」相談
~福祉サービス利用援助事業~
(予約制)
28年
6月30日(木) 随時予約受付
7月29日(金) 随時予約受付
8月30日(火) 随時予約受付
9月30日(金) 随時予約受付
10:00~12:00

上記の相談は、京田辺市立社会福祉センターで行います。

相談専用電話:0774-62―5447

講座・講習会

ボランティア養成講座の受講者を募集しています

要約筆記ボランティア入門講座

要約筆記とは、聴覚に障がいがある方に、話の内容をその場で手書きやパソコンで文字にして伝える筆記通訳のことです。難聴者や中途失聴者には、手話を使える人が少なく、要約筆記は重要なコミュニケ―ションの手段となります。ボランティアとして活動してみませんか。

日程
9月15日、29日
10月6日、13日、20日、27日 (木曜日 全6回)
時間
9:30~12:00
場所
京田辺市立社会福祉センター
人数
25名程度
参加費
無料
対象
市内在住および在勤・在学の方
申込先
社会福祉協議会 事務局

点訳奉仕員養成講習会

目の不自由な方の文字、点字を学び、あなたが点訳した本を視覚障がい者の方へ紹介しませんか?

日程
9月2日、9日、16日、23日、30日
10月7日、14日、21日 (金曜日 全8回)
時間
10:30~12:30
場所
京田辺市立社会福祉センター
人数
20人(定員になり次第締切)
参加費
無料
対象
市内在住および在勤・在学の方
申込方法
往復はがきの往信用に、住所・氏名・年齢・電話番号を記入のうえ郵送
(市外在住の方は、通勤・通学先を更に記入して申し込んでください。)
申込先
社会福祉協議会 事務局
申込締切
8月18日(木)

朗読ボランティア養成講習会

視覚に障がいのある人のために活字を音声に変える朗読を学びます。

日程
9月6日、13日、27日
10月4日、11日、25日
11月1日、8日、15日、29日
12月6日、13日 (火曜日の計12回)
時間
13:30~15:30
場所
京田辺市立社会福祉センター
人数
10人(多数の場合は抽選)
参加費
無料
参加資格
12回中10回以上受講できる方
講師
朗読サークル「せせらぎ」
申込方法
往復はがきの往信用に、住所・氏名・年齢・電話番号を記入のうえ郵送
(市外在住の方は、通勤・通学先を更に記入して申し込んでください。)
申込先
社会福祉協議会 事務局
申込締切
8月23日(火)(必着)

夏休み親子手話教室

簡単なあいさつなどの手話を学び、ゲームや手話コーラスを通じて耳の聞こえない方と楽しく交流しましょう。



日時
8月5日(金)
時間
10:00~11:30
場所
社会福祉センター
人数
20組
参加費
無料
対象
京田辺市民
幼稚園~小学生の子ども・保護者
講師
京田辺手話サークル「ひよこ」
申込先
社会福祉協議会 事務局
申込締切
8月3日(水)

ボランティア関連/ボランティアの輪

“社会福祉センターまつり”(仮称)の名称と参加団体を募集します!!

社会福祉センターを利用するボランティアグループや市民活動に関わる多種多様な団体が出会い、子どもから高齢者、障がい者など枠組みを超えて参加いただけるよう市民手づくりによる“まつり”を平成29年3月4日(土)に社会福祉センターで開催いたしますので、皆さんからの応募・申し込みをお待ちしております。

名称の募集について
1.募集期間
平成28年6月15日(水)~9月14日(水)
2.応募方法
①氏名②年齢③住所④電話番号⑤名称⑥名称に込めた思いや説明を記入し、事務局までハガキで郵送またはメールいただくか、社会福祉センター内に設置している応募用紙に記入し、応募箱へ投函してください。
3.応募資格
どなたでも応募可 ※ただし、一人1点まで
4.応募仕様
趣旨に沿った名称であること
5.選考
応募された名称案の中から実行委員会で選定し、社協だより155号で発表します。採用者には記念品を贈呈いたします。
参加団体の募集について
1.募集期間
平成28年6月15日(水)~9月14日(水)
2.参加方法
「社会福祉センターまつり(仮称)参加申込書」に必要事項を記入し、事務局まで提出してください。(申込書は事務局で入手するか、ホームページからダウンロードできます。)
3.参加資格
以下に該当し、企画・運営にご協力くださる実行委員(前日・当日準備含む)を選出いただけること
①社会福祉センターを利用している団体
②京田辺市社協ボランティアセンター登録・準登録団体
③京田辺市に拠点を置く市民活動団体、サークル
④京田辺市に拠点を置く社会福祉施設、医療機関
⑤京田辺市に拠点を置く小・中・高等学校
4.主な内容
模擬店・製品販売、ステージ発表、体験・展示、その他

社協だよりトップに戻る

 


トップにもどる