京田辺市社会福祉協議会

文字サイズ

きょうたなべ 社協だより

150号 Web版

表紙

お互いさんの心で築こう ふれあいの架け橋

photo

社協だよりが150号を迎えました!!
昭和45年に第1号が発刊されてから45年が経ち、このたび第150号を迎えました。 現在は、年間4回発行しお届けしております。今後も市民のみなさまに役立つ情報を掲載していけるよう、努めてまいりたいと思います。 社協だよりのご感想や、社協に対するご意見等がありましたらお寄せください。

赤い羽根共同募金運動にご協力をお願いいたします
運動期間は10月1日~12月31日です

社協からのお知らせ

赤い羽根共同募金の運動期間は10月1日から12月31日です

京田辺市で集めた寄付金は、次のような流れで京田辺市の地域で活用されています。

gif

広報委員会委員のご紹介(平成27年度)

北尾安男、市川之司、中川容子、谷村重彦、岡田清次、岡本和雄、岡本 泉、村松 勉、安井幸夫、植田 勉、齊藤廉男、出島一彦、大西幸男、滝山武彦(順不同、敬称略)

社協の事業・サービスを紹介します! 保存版

みんなの暮らしに役立ててほしい

イラスト

敬老会と祝品の贈呈
市内在住の白寿(99歳)、米寿(88歳)、喜寿(77歳)を迎えた方の長寿を祝い、記念品を贈呈しています。市民のみなさまからいただいた社協会費を活用しています。

イラスト

給食サービス(ふれあい型、有料配食「社協のばんごはん」)

  1. ふれあい型 概ね70歳以上のひとり暮らし等の見守りが必要な高齢者を対象に、月2回お弁当をお届けしています。利用開始に当たっては、本人からの申請書と担当の民生委員の報告書の提出が必要です。提出された書類をもとに、社協の老人福祉委員会で受給の可否を協議し、決定します。(利用料:無料)
  2. 有料配食「社協のばんごはん」 (480円/食、年会費1,000円)
    市内在住の高齢者世帯・障がい者世帯を対象に、食事の確保と安否確認を目的に夕食を配達します。
    主食(ご飯・おかゆ)・副食(普通・一口カット・きざみ)・味噌汁のセットです。
    月~土曜日に実施しています。(祝祭日、年末年始を除く)
イラスト

ふれあいテレフォンサービス事業
市内在住の高齢者や障がい者を対象に、月2回程度、ボランティアグループ「たんぽぽ」が自宅に電話して、話し相手になったり安否の確認を行ったりします。利用開始にあたっては担当民生委員の書類の提出が必要です。(利用料:無料)

イラスト

社会福祉体験学習事業
市内在住、在学の中学生と高校生が夏休み期間を利用して、市内の福祉施設やボランティアグループの活動の体験をします。例年、5~6月に学校ごとに事前説明会を開催し、6月中旬ぐらいまで申込みを受け付けています。(参加費:原則無料)

イラスト

ふとん丸洗いサービス事業
概ね60歳以上の寝たきり等常時介護の必要な方を対象に、年2回(1回につき2枚まで利用可)
ふとんの丸洗いを行っています。詳細はお問い合わせください。(利用料:無料)

イラスト

リフトカー事業
市内在住の車いす利用者や歩行が困難な方を対象に、医療機関での受診や公的機関での手続きの際にリフトカーやリフトアップ装備車でボランティアが送迎します。時間は、平日の9時~17時まで、範囲は京田辺市内及び京都府南部の近隣地域の医療機関等です。(利用料:原則無料)

イラスト

福祉サービス利用援助事業(地域福祉権利擁護事業)
福祉サービスを利用するための手続きがよくわからなかったり、日常的な金銭管理をするのが一人では不安な方のお手伝いをします。(利用料:有料)

各事業の詳細についてはお問い合わせください。
お問い合わせ先 京田辺市社会福祉協議会 TEL 0774-62-2222  FAX 0774-65-4962

社協にできるお手伝い 保存版

年を重ねても いきいきと安心して暮らすために...

ふれあい交流会(年2回)
対象:ひとり暮らし高齢者等
内容:楽しいプログラムに取り組みながら過ごし、親睦を図ります。
場所:社会福祉センター
参加費:300円
《今後の予定》
10月22日(木)10:30~14:00 3A方式の認知症予防ゲームとミニコンサートを楽しみます。

ひだまりの会(年10回:原則第4火曜日)
時間:13:30~15:00
対象:市内の高齢者
内容:府立洛南寮のサークル活動に参加して、小物作りやカラオケなどを楽しみます。
場所:府立洛南寮
参加費:無料
《今後の予定》
9月29日、11月24日、1月26日、2月23日、3月15日

おしゃべり訪問(毎月1回発行)
対象:ひとり暮らしの高齢者
内容:ボランティアサークル「せせらぎ」が毎月発行する情報CD
利用料:無料

安心して介護生活を送るために...

介護者交流会(毎月第4月曜日)
時間:13:30~15:00
対象:介護者等
内容:介護者同士また経験者で日頃の介護の悩みについて、懇談・交流します。
場所:通常は社会福祉センター
参加費:無料
《今後の予定》
9月28日(男性介護者の交流会)10月26日、12月28日

介護相談(随時)月~金(祝日除く)
内容:介護保険制度や手続き等、介護に関すること全般について
相談窓口:0774-65-3826(ケアプランセンター)

認知症サポーター養成講座(随時)
内容:認知症を理解することで認知症の方や介護者を地域で支えるまちづくりにつなげます。10名程度のグループ・団体などは出前講座も実施
参加費:無料

介護講座(年3回程度)
対象:介護者、一般市民
内容:介護の方法(実技等)について学びます。
参加費:無料

介護の実技相談(要予約)
内容:介護方法について個別相談に応じます。
日時:10月20日、12月22日、2月23日 13:00~16:00
場所:社会福祉センター

1日リフレッシュ事業(日帰り旅行)(年2回)
内容:ひととき介護から離れ、心身をリフレッシュしたり、介護者同士の親睦を図ったりしながら過ごします。
参加費:1,000円程度 《今後の予定》
 11月26日(木)

情報紙「ささえ」の発行(年4回程度)

誰もがよりよく暮らすために...

親子ふれあいの集い(年2回)
対象:中学生以下のお子様がいるひとり親世帯
内容:バーベキューや季節の催しで楽しいひとときを過ごします
参加費:300円程度

子育て講演会(年1回)
対象:京田辺市民
内容:子育てに役立つ講演
参加費:無料
《今後の予定》
参照

散髪サービス(随時)
対象:外出して散髪することが困難な方
内容:ボランティアが各自宅に出向いて散髪します。
利用料:無料

ニュースセンター(毎月1回)
対象:視覚に障がいがある方
内容:視覚障害者協会からのお知らせ等が入った情報CD。
利用料:無料

「地域レポート」サロンマップ特集

地域サロンマップ





~各地域でさまざまな活動が繰り広げられています~

 

photo松井ケ丘ふれあいサロン 多世代関係
住民同士の親睦をはかるために、年3回活動しています。世代間交流をはかり、研修等好評です。
東林分会区民の集い 高齢者関係
地区の住民同士の親睦をはかるために年1~2回、公民館に集まっています。主に健康に関する講座を実施しています。
大住ケ丘おしゃべりサロン 多世代関係
月に2回、公民館で赤ちゃんからお年寄りが集い、交流やおしゃべりを楽しんでいます。
photo大住ケ丘ふれあい茶房 多世代関係
大住ヶ丘1~5丁目の福祉担当役員と民生児童委員が分担しています。
年5回の催しについて企画・運営し、住民間の親睦をはかっています。
photo健康村ふれあいの日 高齢者関係
毎月第2・4木曜日に公民館で開設しています。小物づくりや体操等様々な催しを用意しています。
photo薪分会一二三会 高齢者関係
ひとり暮らしの高齢者を対象に月1回公民館において、
参加者とスタッフがお茶を飲みながらおしゃべり、歌、ゲーム等などをして楽しんでいます。
薪 薪っ子クラブ 子ども関係
子育てサロンの一環として、3歳児までの親子を対象に年3回公民館がいっぱいの中、地域間交流の場づくりを支援しています。
一休ヶ丘 高齢者親睦会 高齢者関係
奇数月は、午前から、偶数月は、午後からと開催は変わりますが、地域の高齢者が引きこもらず、元気になるサロンです。
一休ヶ丘 ほほえみの集い 子ども関係
未就学の親子を対象にした活動です。年2回ですが、たくさんの親子が参加しています。
photo田辺 いきいき会 高齢者関係
毎月第1月曜日に、ひとり暮らしの高齢者が集うサロンを開設しています。
田辺分会 子育てひろば 子ども関係
毎月第3金曜日に、公民館で、子育て中の乳幼児の親子を対象にしたサロンを開設しています。
興戸にこにこ茶話会 高齢者関係
80歳以上の一人で暮らしている高齢者のサロンで月1回開設しています。
photo興戸ふれあいサロン 高齢者関係
4~6月、10月~12月の毎回11日の開催で、ゲーム等で楽しく過ごしています。
興戸子育て広場さくらんぼ 子ども関係
子育て支援と親睦をはかるため、月1回第4木曜日に活動しています。
河原ふれあいサロン 多世代関係
老人会会員を対象に、隔月で引きこもらず親睦をはかるために実施しています。子ども達との交流もラジオ体操、クリスマス会等を行っています。
photo東住宅ふれあいサロン 高齢者関係
新しくなった公民館に年2回集まって、交流しています。
田辺団地 障害者の集い 障がい関係
ゲームや歓談等をして、親睦をはかっています。
photo田辺団地 互楽会 高齢者関係
毎月第1月曜日に集まって、いつまでも元気でいよう!をモットーに催しを楽しみ、交流をはかっています。
新興戸分会 ふれあいサロン 高齢者関係
毎月第1水曜日の午後から公民館に集まって、ゲームや体操等をしています。学生が遊びに来て、防犯の寸劇を披露してくれました。
新興戸分会 健康の集い 高齢者関係
地域の高齢者を対象に「健康」をテーマにした集いを年1回開催しています。
飯岡 ふれあいサロン 高齢者関係
地区の公民館に月1回集まって、歓談等をしています。
高木分会「スイミー」 子ども関係
子育て中の世帯が増え親睦をはかろうと、月2回集まっています。
出垣内ふれあいサロン 高齢者関係
月1回集まって、カラオケなどをして、引きこもらず、健康づくりをしながら楽しんでいます。
南山西分会にこにこ広場 高齢者関係
皆が「にこにこ」するように、朝市や交流会、花づくり等をしています。
同志社住宅ふくろう会 高齢者関係
毎月1回、公民館に集まって、催しやおしゃべり等を楽しんでいます。
photo多々羅ふれあいサロン 高齢者関係
地区の高齢者が集まって、体操、ゲーム等をして楽しんでいます。

※社協から助成している地域活動を中心に紹介しています。

社協の事業・計画

社会福祉協議会ってなんだろう?

京田辺市社会福祉協議会のあゆみ
昭和26年 田辺町社会福祉協議会設立
昭和45年 社会福祉法人設立認可
社協だより創刊号発刊
心配ごと相談開始
昭和49年 第1回社会福祉大会開催
昭和54年 第1回社協チャリティーバザー開催
昭和56年 ボランティアバンク設置(H9からボランティアセンターに変更)
敬老会で喜寿、米寿に杖贈呈
昭和59年 給食サービス開始
昭和62年 小地域福祉活動開始
平成 2年 障害者の日啓発事業開始(H16から障害者週間に変更)
平成 3年 ふれあいテレフォンサービス事業開始
平成 4年 社会福祉体験学習事業開始
平成 5年 ふとん丸洗いサービス事業開始
現在の社会福祉センターに移転
平成 6年 ボランティア連絡協議会設立、ボランティア基金(1億円)の設置
平成 7年 ボランティアセンター事業開始
リフトカー「ふれあい号」の運営開始
平成 8年 ふれあいのまちづくり事業開始
総合相談窓口としてふれあい福祉センター開設
平成12年 有料配食サービス「社協のばんごはん」開始
地域福祉権利擁護(福祉サービス利用援助)事業開始
平成13年 住民参加の地域福祉推進事業開始
平成15年 障害者支援費制度開始(H18から障害者自立支援法に変更)
平成17年 社協だより(第100号)発刊
平成18年 社会福祉センターの指定管理開始
平成19年 第1次地域福祉活動計画策定
平成22年 法人化40周年記念 第18回社会福祉大会開催
平成25年 第2次地域福祉活動計画策定
平成26年 災害ボランティアセンター設置

社会福祉協議会

社会福祉協議会(社協)とは… キーワードは「つながり」

地域住民のみなさんの力を生かし、地域の課題(困りごと)を解決したり、ニーズ(必要としていること)に応えたりしながら、誰もがいつまでも、地域や人とのつながりを持ちながら暮らせる、住みやすいまちにしていくのが、私たち「社会福祉協議会」(社協)の仕事です。

事業報告・活動報告

平成27年度社協会費の報告

分会名 賛助会員
(世帯)
特別会員
(世帯)
普通会員
(世帯)
会員数
(世帯)
寄付金
(円)
金額
(円)
松井   43 133 176   109,500
西八   3 100 103   53,000
東林   11 49 60   35,500
岡村 1 64 19 84   83,500
三野     41 41   20,500
松井ヶ丘   15 518 533 14,000 288,000
山手東   11 36 47   29,000
ファインパーク   8 14 22   17,000
山手南   7 13 20   13,500
健康村 3 118 204 325   260,000
健康ヶ丘 1 13 904 918 600 475,600
大住ヶ丘連合自治会   52 477 534 3,700 301,700
花住坂   17 192 209 900 113,900
2 65 473 540 33,700 355,300
一休ヶ丘 2 24 553 579 5,000 325,500
田辺 2 21 647 670 26,595 400,095
西住宅 1 6 138 145   87,000
興戸 2 26 390 417 21,700 266,000
東住宅 1 4 353 358 2,500 193,000
エクセルハイツ   1 40 41   21,000
河原   11 160 171 5,300 96,300
府営団地   22 172 194 29,900 137,900
  13 353 366 64,450 253,950
草内 4 5 422 431 1,500 258,600
新興戸 1 11 244 256 9,600 156,600
飯岡 1 94 27 122 400 117,900
同志社住宅   3 74 77 5,100 45,100
高木 2 9 105 116 4,400 85,900
二又 1 2 101 104 1,850 64,350
山本   4 121 125 1,400 65,900
山崎     40 40   20,000
出垣内     72 72   36,000
江津 2 58 93 153   124,500
宮ノ口     45 45   22,500
南山東     124 124   62,000
南山西 1 2 83 86 500 54,000
多々羅   3 49 52   27,500
普賢寺   40 22 62   51,000
水取 1 89   90 400 99,400
打田 1 2 76 79   50,000
高船 2 31   33   52,000
天王     72 72   36,000
合計 31 913 7,749 8,693 233,495 5,365,995
会費総額
5,132,500円(前年度 5,369,800円)
市内会員総数
8,693世帯(前年度 8,977世帯)
その他
一般寄付(500円未満)として) 233,495円
賛助会費をいただきました(市内事業所のみ)

進晃堂印刷(株)、リエゾン健康村、田辺カントリー倶楽部、小林商事、アートクリエイト、 (株)NITS、(株)三新砂利、みそら法律事務所、興戸キリスト協会、田辺中央病院、奥西玉光軒茶業、新興電器、田辺病院、森製作所、(株)よしみね 新店 (順不同、敬称略)

 

募集・案内

子育て講演会 11月は児童虐待防止推進月間

「子育てに悩んでいるあなたへ~夫婦で子育てをはじめるとは~」を開催します!!

日時
平成27年11月22日(日)13:30~15:30
会場
京田辺市立社会福祉センター 第1研修室
内容
産後の女性の憂鬱、焦り、孤独感などを理解し、夫婦で育児をスタートさせる ことについて考えてみましょう!!
講師
渡辺大地氏(アイナロハ代表取締役)
定員
100名(保育ルーム有り)

詳しい内容については、広報きょうたなべ11月1日号・社協ホームページ等で お知らせします。多数の方のご参加をお待ちしています。

不要入れ歯回収にご協力をお願いします

photo

本会では、平成20年から不要入れ歯回収活動に取り組んでいます。

平成26年度は2500gの回収があり、NPO法人入れ歯リサイクル協会から、23,790円の振込みがありました。

年1回、合同回収が業者により実施されますので、これからもご協力をお願いいたします。

回収箱設置場所 (回収ボックスを設置しています)

1. 京田辺市コミュニティーホール前
2. 京田辺市立社会福祉センター

地域交流スペース コミュニティカフェ

営業日時
月・火・木・金 11:00~15:00 ※水・土・日曜日、祝日は休業です。
場所
社会福祉センター 1階地域交流スペース

「りあん」はフランス語できずなを意味します。名前のとおり、市民のみなさんが集い、情報交換・共有し合いながら、きずなでつながる場となるように…。そんな願いが込められています。「いつも変わらないおいしさ」をモットーに提供しています。

photo photo photo
りあんブレンド 120円 月替わりコーヒー 150円 ブルーマウンテンブレンド 150円

※京都府社会適応訓練事業所として取り組みを行っています。

身近な相談窓口があなたの暮らしを応援します

相談は無料、秘密は厳守します。

一般相談
ふれあい相談室 月~金、9時~16時(祝日除く)電話、来所等
※来所の場合も、まず、お電話ください。
相談室直通電話
0774-62-5447
心配ごと相談 27年
10月 5日(月)、15日(木)、26日(月)
11月 5日(木)、16日(月)、25日(水)
12月 4日(金)、15日(火)、25日(金)
13:30~16:00
専門相談
弁護士相談
(予約制)
27年
10月26日(月) 予約受付 10/1~
11月25日(水) 予約受付 11/2~
12月 4日(金) 予約受付 11/20~
12月25日(金) 予約受付 12/1~
13:30~16:00
司法書士法律相談
(予約制)
27年
10月15日(木) 随時予約受付
11月16日(月) 随時予約受付
12月15日(火) 随時予約受付
税務相談
(予約制)
27年
11月 5日(木) 随時予約受付
成年後見制度相談
(予約制)
27年
10月30日(金) 随時予約受付
11月30日(月) 随時予約受付
12月28日(月) 随時予約受付
司法書士による家計相談
~多重債務に陥らないために~
(予約制)
27年
10月30日(金) 随時予約受付
11月30日(月) 随時予約受付
12月28日(月) 随時予約受付
「これからのこと」相談
~福祉サービス利用援助事業~
(予約制)
27年
10月30日(金) 随時予約受付
11月30日(月) 随時予約受付
12月28日(月) 随時予約受付
10:00~12:00

上記の相談は、京田辺市立社会福祉センターで行います。

上記の相談について 相談専用電話:0774-62―5447

社協の相談窓口って?

平成8年から総合相談事業がスタートし、20年目を迎え、年間1,000人以上の市民の方々に利用していただいております。

日常生活での「ちょっと困ったなあ」、「心配やなあ」から法律的な解決方法まで、相談員、専門職がお話をお伺いし、解決への第一歩が踏み出せるように、お手伝いさせていただいております。どうぞ、お気軽にご利用ください。(すべて相談無料、秘密厳守です。)

ボランティア関連/ボランティアの輪

ボランティアセンター活動紹介

みんなで広げよう 笑顔の“輪” 近年の社会では、身近な地域や学校、企業といった様々な場面で、福祉や環境、国際協力などのボランティア活動に参加する人が増加し、多様な広がりを見せています。

京田辺市ボランティアセンターにおいても、市内を中心に活動する様々なボランティアが登録し、活動しています。地域課題の解決に向けて、グループに所属しての活動や特技や能力を活かしての個人での活動など、内容はもちろん、頻度や場所、時間など、「個人の自発的な意志」から始まるボランティア活動には、決まったカタチはありません。ボランティア活動に興味はあるけど、参加の仕方がわからない、もう少し詳しく知りたい方など、まずはご相談ください。

ボランティア数

京田辺市ボランティアセンターでは、京田辺市内のボランティアに関する最新の情報をお届けすると共に、活動先の紹介など、市民の自主的な活動を応援しています。

社協の個人ボランティア

ボランティアセンターには、ボランティアグループ以外にも趣味や特技などを活かして活動する「個人ボランティア」の登録も行っています。 個人ボランティアには、次のようなボランティアがあります。

給食ボランティア 配食ボランティア 送迎ボランティア 園芸ボランティア 手品ボランティア 将棋ボランティア 腹話術ボランティア 行事支援ボランティア など

興味のある方はボランティアセンターまでお問い合わせください。

社協ボランティアセンター登録グループ

障がい者関係

田辺点字サークル「すみれ」/点訳ボランティア

田辺手話サークル「一休」/手話ボランティア

京田辺手話サークル「ひよこ」/手話ボランティア

朗読ボランティアサークル「せせらぎ」/朗読ボランティア

要約筆記サークル「たけのこ」/要約筆記ボランティア

京田辺市障害児者父母の会/障害がある子どもたちの活動の場づくり、障がい理解及び親同士の交流

ほわいと・まっぷ/障害がある人達との交流

送迎・配食ボランティアグループ「やまびこ」/送迎、配食ボランティア

サポーターグループ「緑の風」/「たなべ緑の風作業所」の支援活動

ボランティアサークル「はばたき」/共働Spaceふくろう工房の支援活動等

いこいの場/自立支援のための調理実習等

ケアホームわくわく家族会/ケアホーム「あん’ず京田辺わくわく」の支援活動等

ほほえみサークル「ドン・ドコ・どん」/太鼓演奏を通して、障害児(者)の心身の発達支援

障がい者・高齢者関係

テレフォンサービスボランティア「たんぽぽ」/電話による友愛訪問

ボランティア のぞみ/心身障害者や高齢者等の自立補助と青少年の健全育成運動

拡大写本ボランティアグループ「ひまわり」/文字拡大ボランティア

ボランティアグループ「ぴんぽ~ん」/暮らしの中で困っている事の支援等

ほっと・ひとやすみ/サロン活動

いな穂/京都府立洛南寮の支援等

傾聴ボランティアグループ「カモミール」/傾聴ボランティア

Pole Pole/音楽活動を通しての交流

スペース・虹/スリーAの実践を中心とした認知症予防活動

高齢者関係

給食調理ボランティアグループ「あじさい」/調理ボランティア

健康つぼ愛好会/健康体操・ヨガ等を通しての高齢者支援活動

ボランティア コスモス/特別養護老人ホーム「九十九園」での喫茶活動、海外支援等

ナルク南京都/高齢者支援等の社会貢献活動

京田辺市パソコン初心者学習V「つゆくさ」/高齢者を中心にパソコンを使いたい初心者の学習会

児童関係

たなべおもちゃライブラリィ「夢の橋」/おもちゃを通しての療育

京田辺子ども文庫連絡会/児童が本に接する機会の提供及び親子の交流等

カンガルーのポケット/市立中央図書館内での託児ボランティア

おはなしバスケット/おはなしや絵本の読み聞かせ

キッズ・ハート教室 -京田辺-/歌やゲーム、お話を通しての心の教育

とおんきごう/音楽療法を通しての心身の発達支援

朗読の会“萌え”/朗読や紙芝居、ぺープサート等

こどもとおとなパートナーシップ/児童虐待やいじめ、DVなど、身体的、精神的、性的暴力の防止

やましろ子育ち親育ちサポートネットワーク/子育てに悩みをもつ親同士の学習、交流等

文化・その他

京田辺市民日本語読み書き教室/海外からの帰国者や外国人への日本語指導等

サークル「ゆうゆう」/古切手、書き損じハガキ等の収集、整理及び送付

うたうはこぶ音「くるみの会V」/歌や音楽による施設訪問等

和太鼓サークル「輪」/和太鼓演奏による施設訪問等

大正琴サークル「花みずき」/大正琴演奏による施設訪問等

京田辺フォークダンスサークル/フォークダンスによる施設訪問等

踊ろう会/踊り(盆踊り、民謡踊り等)による施設訪問等

PAZ MUSICA/音楽活動を通しての交流等

アロハエンゼル田辺/フラダンスによる施設訪問等

京田辺・ハーモニカクラブ/ハーモニカ演奏による施設訪問等

音の会/箏、三味線演奏による施設訪問等

芯体操/健康な体づくりに向けた指導

和太鼓サークル「遊鼓」/和太鼓演奏による施設訪問等

おおすみ気功サークル/気功を通して、高齢者等の健康増進と引きこもりの防止

朋友/カラオケを通して、中国残留孤児やその家族の日本語習得をはかる

リノ/ヘルスフラによる施設訪問、健康増進

ふくしまKidsデザイン/東日本大震災で被災した子どもたちへの支援活動等

3.11ゆいネット京田辺/東日本大震災及び福島原発事故の被災者支援活動等

まちづくり市民ねっと京田辺/まちづくり推進のための勉強会等

新グループ発足! 認知症予防ボランティア スペース・虹

虹平成26年9月より全5回講座にて実施された“認知症予防ボランティア講座”(社協主催)の受講生らが集まり、ボランティアグループがこの度発足しました。

虹のように様々な人(色)が集まり、地域の輪をつくる(色々な人がいて、お互いに認め合う場所)という意味からグループ名を決定し、スリーAに基づいた「みんなの認知症予防ゲーム」を用いて、グループのメンバーが地域のサロンや高齢者等を対象とした行事に参加し、活動を行っています。また、月1回の定例会では認知症予防教室として、一般の参加者の方を交えて取り組みを行っています。

※スリーA・・・平成4年に静岡で誕生した認知症予防教室において、看護師の増田末知子(ますだまちこ)氏が考案した脳活性化プログラム。 「かるくたまをつかってきらめない」の頭文字“A”をとって、スリーAという。

photo       photo
はじめは指の体操から  集団ゲームでクライマックス

 

【災害ボランティアセンター体制強化事業】

自分にもできる!?自分たちだからこそできる災害時のボランティア活動について考えよう

近年は、地震や豪雨災害など、各地で自然災害が発生し、多くの被害をもたらしています。そのような中で、日頃からの地域での支え合い活動や減災のための備えについては、ますます重要性が高まっているところです。本研修会では、災害時に地域住民一人ひとりが、お互いさんの心で自分にできる助け合いの活動について考え、意識を高めると共に、京田辺市災害ボランティアセンターの役割についても理解を深めます。

日時
平成27年9月26日(土)10:00~12:00
場所
京田辺市立社会福祉センター
参加費
無料
定員
100名
対象
災害ボランティア活動に関心のある京田辺市民
内容
≪講義≫災害ボランティアセンターに求められる役割について
≪説明≫京田辺市災害ボランティアセンターの取り組みについて

※災害ボランティア事前登録者の呼びかけを行います。

平成27年度災害ボランティアセンター設置・運用研修

京田辺市災害ボランティアセンターに登録する個人や団体、関係機関等が、それぞれの役割を理解し、支援活動における考え方や必要な視点を学ぶと共に、連携強化をはかります。

日時
平成27年9月26日(土)13:15~15:45
場所
京田辺市立社会福祉センター
参加費
無料
定員
50名
対象
京田辺市災害ボランティア事前登録者(団体) 等
内容
≪講義・ワーク≫災害時体制における災害ボランティアセンターのマネジメントと必要な視点

愛のかけはし ~京田辺市ボランティア連絡協議会だより第73号~

こんにちは、ボランティア連絡協議会(通称:V連)です。今回は、今年のV連のチャレンジ目標と秋の行事予定のお知らせです。

チャレンジ!
①社協だよりを通じて、みなさんにV連を知っていただく。
②行政との話し合いを企画し、より円滑な活動の活性化を図る。
行事予定
①10/10 友遊フェスタ(障がい者スポーツ大会)への協力
②10/26 V連の管外研修(大阪府狭山市のV連との交流会)

社協だよりトップに戻る

 


トップにもどる