京田辺市社会福祉協議会

文字サイズ

きょうたなべ 社協だより

141号 Web版

表紙

お互いさんの心で声かけて、ふれあいの架け橋かけよう。

photo

社会福祉センター設立20周年記念

福祉講演会 「ごめんやして おくれやして ごめんやっしゃ」の一言から始まった末成さんの講演。「笑うこと」でいつまでも若く生き生きと生きることができるということをおっしゃられました。健康に生きるために大切なこと。それはどんなときでもたくさん笑って過ごすことです。

6~7月は社協会員募集月間です。 みなさまのご協力をよろしくお願いします。

社協からのお知らせ

社協会員を募集します

~社協は、『誰もが安心して暮らせる地域社会づくり』を目指します~

いつまでも安心して暮らせるまちづくりは、会員のみなさまのあたたかい気持ちに支えられています。ひとりでも多くのみなさまに社協の活動に対してご賛同をいただき、会員加入と地域福祉の推進にご協力をよろしくお願いします。

社協の会費
普通会員 500円以上納入
特別会員 1,000円以上納入
賛助会員 10,000円以上納入
平成24年度の会員数は・・・
(平成25年3月31日現在)
市内会員数 9,436世帯
会費総額 5,858,830円
一般寄付 188,165円

 

【会費は次の事業に活用しています!!】

分会活動費

photo

各地域のサロン活動などの活動費を支援しています

ふれあい相談事業

photo

専門相談の事務費等に活用しています

高齢者福祉の推進

photo

敬老の事業に活用しています

障がい者福祉の推進

photo

リフトカーでの送迎サービスの経費として活用しています

 

第2次地域福祉活動計画をつくりました!

地域福祉(まち)づくりをすすめましょう

誰もが安心して暮らせる地域(まち)づくりのため、「地域福祉」の活動に取り組んでいます。市民の一人ひとりの力が、人と人、そして地域へとつながり「地域福祉」の活動が進んでいきます。といっても市民の皆さんにはなかなかわかりにくいものです。

社協では、多くの市民の皆さんが地域と一緒になって取り組みを進めていくために、共有する目標や具体的な活動等を示した5カ年の計画である「第1次地域福祉活動計画」を平成19年度に策定しました。

そして、昨年度に計画実施の最終年度を迎えましたので、これまでの取り組みを振り返り、京田辺市の現状を踏まえて、今回「第2次地域福祉活動計画」を策定しました。策定にあたり、市内の福祉関係団体、機関から多くの方に参画していただきました。

計画を進めていくには、皆さんの理解と参加が必要です。この計画の内容につきまして、今年度発行の4回の「社協だより」とあわせて紹介していきます。

(基本理念)

「お互いさんの心で築く 人にやさしいまち 京田辺」
―ともに生き 市民が主役 民間と行政と連携した 福祉の地域(まち)をめざして―

基本理念とは計画の方向性、めざす目標を示します。京田辺市も平成23年度に5カ年の「第2期地域福祉計画」を策定しました。その中の理念は同じものとし、社会福祉協議会という民間の立場でどのように進めていくのかを示すべく基本理念の下に副題で表しています。地域一体で福祉の地域(まち)を進めるために、5つの目標を掲げ、実現に向けた活動を示した形で計画をまとめました。

基本目標1 安心して暮らせる地域づくり

誰もが安心して住み慣れた地域で暮らすために、地域や人のつながりをつくり、助け合いの関係づくりを進めます。

基本目標2 支えあいの心と担い手づくり

体が不自由な人や地域のための社会貢献活動や災害ボランティアセンター運営のためなどボランティア活動への参加促進をはかる取り組みを進めていきます。また、市内小中学校の福祉教育の推進や将来を担う中・高校生を対象にした体験事業を行います。

基本目標3 組織的なつながりと活動の強化

個人や一つの団体だけでなく、人と人が団体として組織的につながり、団体と団体がつながることで大きな力を生み、成果をあげることができます。地域には様々な団体、施設、機関などがありますので、高齢者や障がいのある方の生活や介護など複雑多様化する福祉課題に対応できるよう、各種団体との関係や役割を活かした活動づくりを進めます。

基本目標4 安定した生活づくり

介護サービス事業所、地域福祉権利擁護事業をはじめ、要配慮者など本会で独自に展開している福祉サービス事業の充実化をはかるなど専門的な事業と市民のための福祉事業を進めていきます。

基本目標5 福祉を進めるための基盤強化

本会の活動や共同募金活動など市民の方々に支えられている活動の周知をはかり、地域福祉活動の基盤強化と第2次地域福祉活動計画の推進をはかります。

社協の事業・計画

平成25年度の社協の予算

収入の部
科目 金額 割合
会費収入 6,800千円 2.6%
寄付金収入 400千円 0.2%
補助金収入 79,688千円 30.6%
受託金収入 22,540千円 8.7%
事業収入 1,580千円 0.6%
共同募金配分金収入 8,130千円 3.1%
負担金収入 200千円 0.1%
介護保険収入 95,796千円 36.8%
利用料収入 28,392千円 10.9%
雑収入 880千円 0.3%
受取利息配当金収入 1,690千円 0.6%
会計単位・経理区分間繰入金収入 10,766千円 4.1%
積立金取崩収入 2,400千円 0.9%
前期末支払資金残高 1,295千円 0.5%
合計 260,557千円 100.0%
支出の部
科目 金額 割合
人件費支出 170,229千円 65.3%
事務費支出 4,410千円 1.7%
事業費支出 65,156千円 25.0%
負担金支出 450千円 0.2%
会計単位・経理区分間繰入金支出 10,766千円 4.1%
固定資産取得支出 1,560千円 0.6%
退職共済預け金支出 6,934千円 2.7%
予備費 1,052千円 0.4%
合計 260,557千円 100.0%

 

平成25年度の社協の取り組み

地域の関係を大切にした活動の推進

サロン活動や見守り活動を通して、住民同士のつながりづくりを推進しています。

  • 地域福祉活動の担い手づくり
  • 小地域福祉活動の推進と充実
ボランティア活動の振興

養成講座や研修会を通じて、ボランティア活動への参加の促進と活性化を図るとともに、地域や市民の要請に応えられるようボランティアセンターの機能や基盤の整備を図っています。

  • ボランティアセンターの運営
  • 各種養成講座の開催
  • ボランティアの登録と需給調整、活動の啓発と普及、基盤整備
  • リフトカーの運営
  • ふれあいテレフォンサービス事業
  • ボランティアグループやボランティア連絡協議会の組織化支援
  • 災害ボランティアセンターの体制づくり
  • 福祉学習の推進と社会福祉体験学習の実施
市民福祉と地域生活の向上

地域における福祉課題の把握に努め、当事者団体やボランティア等と連携して、市民福祉と地域生活の充実化に向けた取り組みを進めていきます。

  • 敬老会
  • ふとん丸洗いサービス事業
  • 介護講座や介護者リフレッシュ事業
  • 「障害者週間」啓発事業、障害者団体等への支援
  • ひとり暮らし高齢者等のふれあい交流会や給食サービスの実施
  • ひとり親家庭の親子ふれあいの集いの実施、京田辺さくらの支援
  • 生活福祉資金・くらしの資金の貸付事業
  • 福祉サービス利用援助事業
  • 心配ごと相談や専門相談(弁護士、司法書士、税務等)の実施
在宅福祉・介護保険事業の推進

個人の尊厳と自立支援を理念とした在宅福祉、利用者の立場に立ったサービスの提供に努めます。

  • 介護保険サービス事業(訪問介護事業、通所介護事業、居宅介護支援事業)
  • 障害者福祉サービス事業(居宅介護、重度訪問介護)
  • 市委託事業(移動支援事業、産後・高齢者生活支援ヘルパー派遣事業等)
  • 地域窓口相談事業
  • 有料配食サービス(社協のばんごはん)の実施など
  • おたっしゃ応援事業や認知症サポーター養成講座の実施
活動基盤の強化と啓発ならびに地域福祉活動計画の推進

社協活動や市内各地域で進められている地域福祉活動は、社協会員への加入や共同募金の運動など、市民の理解と援助に支えられています。

会員の加入や市民福祉活動の推進役など様々な形で参加、支援が得られるよう啓発や地域福祉活動計画を推進していきます。

  • 自主財源(社協会費、チャリティーバザー)の確保
  • 社協だよりの発行(年4回)とホームページの更新
  • 赤い羽根共同募金(10月1日~)、歳末たすけあい募金(12月1日~)の実施
  • 地域福祉活動計画の進捗状況の把握と評価
  • 社会福祉センターの管理運営

事業報告・活動報告

~社会福祉センター設立20周年記念事業~

福祉講演会に末成由美さんが来られました

平成25年3月29日(金)、社会福祉センター3階にて、「いつまでも若く元気で!~住み慣れた地域でいきいきと暮らすために~」と題して、ご講演いただきました。

参加された約180名の方々は、身近な話題と独特のトークに最後まで笑いを絶やすことなく聞かれ、大盛況のまま終えることができました。

末成さんとは、ちょうど3年前の社会福祉大会の「キッズシアター」で市内の子供たちと舞台で共演していただいたのがきっかけで、それ以来京田辺市社協を応援してくださっています。

介護者のための・・

交流会レポート

1月28日(月)の介護者交流会では、和紙ちぎり絵を行いました。今年の干支である、「巳」の絵柄で、素敵な色紙が仕上がりました。10名の方が参加され、和気あいあいとお話もはずみました。

介護講座レポート

2月22日(金)には、北部住民センターで介護講座(寝たきり予防と家庭での介護)を実施し、家庭でできるリハビリや、高齢者によく見られる身体的な特徴についてのお話と実際に体操を行いました。

認知症の介護者サロンも行っています

4月14日(日)、中部住民センターでおしゃべりサロンを開催しました。
若年性の認知症や、初期の認知症で悩んでおられる方などが集まってお話しました。実際に当事者の方 も参加され、簡単なゲームなどで盛り上がりました。

《介護コラム》

みなさん、ご存知ですか? 若年性認知症って?
認知症とは、脳の疾患により記憶、嗜好や時間・場所などの感覚、言語、判断能力など認知能力が低下した状態をいいます。65歳未満の方の発症を若年性と言いますが、原因となる疾患は様々で、初期症状はストレスやうつ病などとまちがってしまう場合もあります。
若年性の発症の場合、社会的、家庭的問題を引き起こし、中でも就労に関する問題は介護者や家族に大きく影響します。

募集・案内

高齢者の方にご案内  広がれ!ふれあいの輪 ふれあい交流会

今回はアロマオイルを使ったハンドマッサージを体験したり、香りの効果を学んだりしながら交流します。

日時
平成25年6月13日(木)10:30~14:00
場所
京田辺市立社会福祉センター
内容
アロマセラピー体験講座と ボランティアグループとの交流会
講師
「ソレイユの会」
対象者
市内在住のひとり暮らし、または昼間独居の高齢者
参加費
無料
定員
30名 ※定員になり次第、締め切ります。

バーベキューを楽しもう! 親子ふれあいの集い

日時
平成25年6月16日(日)10:30~15:30
場所
京田辺市野外活動センター 竜王こどもの王国
対象者
市内在住の中学生以下のお子様がおられるひとり親家庭の方
参加費
無料
集合場所
京田辺市立社会福祉センターより送迎バスがあります。直接現地への集合も可能です。

※ 小雨決行します。

※ 動きやすい服装でお越しください。

介護者交流会

毎日の介護にお疲れではありませんか? 話すことで少しでも気持ちを楽に

みなさんとのお話し合いとラジオ体操をします。

日時
平成25年5月27日(月)、6月24日(月)13:30~15:00
場所
京田辺市立社会福祉センター
対象者
介護をされている方
参加費
無料

どうぞ、お気軽にお立ち寄りください!

参加しませんか!! 福祉ボランティア体験

今年も夏休みを利用して福祉体験学習を実施します。様々なことにチャレンジし、この夏にしかできないことをしてみませんか?

日時
夏休み期間中
対象
市内在学の中学生・高校生
体験先
市内の老人福祉施設、障害者福祉施設、児童福祉施設

※ 詳しくは、通学されている学校にポスターを掲示します。興味のある方は、お問合せください

毎日使っているふとんが、ふかふかに快適に! ふとん丸洗いサービス

概ね60歳以上の方で、在宅で寝たきり等、常時介護が必要な方、一人での外出が困難な方等を対象に実施します。

実施時期
第1期:7月に実施 年間4回(9月・12月・2月予定)

※ 年間に2回までご利用できます

コミュニティカフェ りあんからのお知らせ

営業日時
月・火・木・金曜日11:00~15:00 ※ 水曜日は定休日です。
場所
社会福祉センター 1階 地域交流スペース
メニュー

りあんブレンド(レギュラーコーヒー) 120円
ブルーマウンテンブレンド 150円
紅茶(ストレート・ミルク) 120円
アイスコーヒー 150円
ジュース(アップル・オレンジ・マンゴー) 150円

※ クッキー・ラスク・シフォンケーキ・パンなども日替わりでご用意しています。

これからは、アイスコーヒーの季節ですね!是非、ご来店ください。

身近な相談窓口があなたの暮らしを応援します

相談は無料、秘密は厳守します。

一般相談
ふれあい相談室 月~金、9時~16時(祝日除く)電話、来所等
※来所の場合も、まず、お電話ください。
相談室直通電話
0774-62-5447
心配ごと相談 25年
5月24日(金)
6月5日(水)、14日(金)、25日(金)
7月5日(金)、16日(火)、25日(木)
13:30~16:00
専門相談
弁護士相談(予約制) 25年
5月24日(金)予約受付 5/1~
6月5日(水) 予約受付 5/20~
6月25日(火) 予約受付 6/5~
7月25日(木) 予約受付 7/1~
13:30~16:00
司法書士法律相談(予約制) 25年
6月14日(金) 随時予約受付
7月16日(火) 随時予約受付
8月19日(月) 随時予約受付
税務相談(予約制) 25年
8月5日(月) 随時予約受付
成年後見制度相談(予約制) 25年
5月30日(木) 随時予約受付
6月28日(金) 随時予約受付
7月30日(火) 随時予約受付
多重債務相談(予約制) 25年
5月30日(木) 随時予約受付
6月28日(金) 随時予約受付
7月30日(火) 随時予約受付
「これからのこと」相談
~福祉サービス利用援助事業~
(予約制)
25年
5月30日(木) 随時予約受付
6月28日(金) 随時予約受付
7月30日(火) 随時予約受付
10:00~12:00

上記の相談は、京田辺市立社会福祉センターで行います。

相談専用電話:0774-62―5447

講座・講習会

認知症について一緒に考えてみませんか? 出前講座のご案内

認知症は誰にでも起こりうる病気です。

身近な人で、その対応に戸惑われている方はいらっしゃいませんか。認知症について、また周りの人との関わり方について一緒に考えてみませんか。

開催日時
都合のよい日に5名以上のグループでお申込ください。
(開催日の1ヶ月前までにご相談ください。)
内容
認知症について、ご本人や家族への関わりについて
講師
社協から派遣します。(講師料は無料です)
問合せ先
京田辺市社会福祉協議会 ケアプランセンター TEL 65-3826

ボランティア関連/ボランティアの輪

あなたも社協ボランティアセンターに登録しませんか!?

京田辺市社協ボランティアセンターでは、市内でボランティア活動に携わる個人またはグループ(「ボランティアの輪」P8.参照)の登録を行っています。

グループに属するのが苦手な方でも、ご自身の特技や趣味を活かして、ボランティア・地域活動に参加してみませんか。

興味のある方はぜひ一度、社協ボランティアセンターにお問い合わせいただくか、お越しください。

たとえば・・・

楽器演奏、折り紙、通訳やレクリエーション、介護者の支援に関することなど

登録すると・・・

地域や施設、団体または個人等からボランティア依頼があった際に、日程や依頼内容など、登録者との調整を行います。また、登録された方には本会にてボランティア保険の加入を行います。

災害に備えて災害ボランティア事前登録者の募集もしています

近い将来にも起こるであろうとされている東南海・南海地震をはじめ、近年大規模な自然災害が各地で発生しています。本会においても、災害時には、必要に応じて「京田辺市災害ボランティアセンター」を設置し、関係団体が連携・協力をはかり支援活動を行えるよう体制づくりが急務となっています。災害ボランティアセンターの運営には、様々な機関や市民の方の協力が必要となるため、事前登録者を募集し、災害に備えた取り組みを進めています。

《平常時》
本会や様々な機関・団体が実施する研修や訓練の案内、災害ボランティアに関する情報提供を行います。

《災害時》
登録内容に基づき、災害ボランティアセンターの運営や現地活動の協力を依頼します。

平成25年度社協ボランティアセンター登録グループ紹介

  1. 田辺点字サークル「すみれ」  点訳ボランティア(対象:視覚障害者)
  2. 給食調理ボランティアグループ「あじさい」  調理ボランティア(対象:ひとり暮らし高齢者、高齢者世帯)
  3. 田辺手話サークル「一休」  手話ボランティア(対象:聴覚障害者)
  4. 京田辺手話サークル「ひよこ」  手話ボランティア(対象:聴覚障害者)
  5. 朗読ボランティアサークル「せせらぎ」  朗読ボランティア(対象:視覚障害者、ひとり暮らし高齢者)
  6. 要約筆記サークル「たけのこ」  要約筆記ボランティア(対象:聴覚障害者[特に難聴者])
  7. テレフォンサービスボランティア「たんぽぽ」  電話による友愛訪問(対象:ひとり暮らし高齢者、障害者等)
  8. たなべおもちゃライブラリィ「夢の橋」  おもちゃを通しての療育(対象:児童)
  9. 京田辺子ども文庫連絡会  京田辺子ども文庫連絡会 児童が本に接する機会の提供及び親子の交流等(対象:児童)
  10. ボランティア のぞみ  心身障害者や高齢者等の自立補助と青少年の健全育成運動
  11. 京田辺市障害児者父母の会  知的障害者授産施設の支援等(対象:知的障害者)
  12. ほわいと・まっぷ  障害をもつ人達との交流(対象:知的障害者)
  13. 送迎・配食ボランティアグループ「やまびこ」  送迎、配食ボランティア(対象:高齢者、障害者等)
  14. 拡大写本ボランティアグループ「ひまわり」  文字拡大ボランティア(対象:視覚障害者[特に弱視者]、高齢者)
  15. サポーターグループ「緑の風」  知的障害者授産施設の支援(対象:知的障害者)
  16. 京田辺市民日本語読み書き教室  海外からの帰国者や外国人への日本語指導等
  17. セピアの園支援グループ「そよ風」  特別養護老人ホームの支援(対象:高齢者)
  18. ボランティアグループ「ぴんぽ~ん」  暮らしの中で困っている事の支援等(対象:高齢者、障害者等)
  19. サークル「ゆうゆう」  古切手、書き損じハガキ等の収集、整理及び送付
  20. カンガルーのポケット  市立中央図書館内での託児ボランティア(対象:児童)
  21. ほっと・ひとやすみ  サロン活動(対象:高齢者、障害者等)
  22. うたうはこぶ音「くるみの会V」  歌や音楽による施設訪問等
  23. 和太鼓サークル「輪」  和太鼓演奏による施設訪問等
  24. 大正琴サークル「花みずき」  大正琴演奏による施設訪問等
  25. 京田辺フォークダンスサークル  フォークダンスによる施設訪問等
  26. ふくろう共働作業所支援VG「はばたき」  障害者共働作業所支援活動等
  27. いな穂  京都府立洛南寮の支援(対象:高齢者、障害者)
  28. いこいの場  自立支援のための調理実習等(対象:精神障害者)
  29. おはなしバスケット  おはなしや絵本の読み聞かせ(対象:児童)
  30. 健康つぼ愛好会  健康体操・ヨガ等を通しての高齢者支援活動
  31. 踊ろう会  踊り(盆踊り、民謡踊り等)による施設訪問等
  32. PAZ MUSICA  音楽活動を通しての交流等(対象:児童、高齢者、障害者)
  33. キッズ・ハート教室 -京田辺-  歌やゲーム、お話を通しての心の教育(対象:児童)
  34. ボランティア コスモス  特別養護老人ホームでの喫茶活動、海外支援等
  35. ケアホームわくわく家族会  ケアホーム「あん’ず京田辺わくわく」の支援活動等とおんきごう  音楽療法を通しての心身の発達支援(対象:児童)
  36. ほほえみサークル「ドン・ドコ・どん」  太鼓演奏を通して、障害児(者)の心身の発達支援
  37. アロハエンゼル田辺  フラダンスによる施設訪問等
  38. 朗読の会“萌え”  朗読や紙芝居、ぺープサート等(対象:児童、高齢者、障害者)
  39. ナルク南京都  高齢者支援等の社会貢献活動
  40. 傾聴ボランティアグループ「カモミール」  傾聴ボランティア(対象:高齢者、障害者等)
  41. こどもとおとなパートナーシップ  児童虐待やいじめ、DVなど、身体的、精神的、性的暴力の防止
  42. 京田辺・ハーモニカクラブ  ハーモニカ演奏による施設訪問等
  43. 音の会  箏、三味線演奏による施設訪問等
  44. カプアの会  フィットネスフラによる施設訪問等
  45. 芯体操  健康な体づくりに向けた指導
  46. 京田辺市パソコン初心者学習V「つゆくさ」  高齢者を中心にパソコンを使いたい初心者の学習会
  47. 和太鼓サークル「遊鼓」  和太鼓演奏による施設訪問等

社協だよりトップに戻る

 


トップにもどる